ブログにありがとう

2018/ 12/ 22
                 
ブログに、ありがとうって言いたいことがありました(⋈◍>◡<◍)。✧♡


今日の最初は、こちら。


DSCN1918.jpg

「こはる日和とアニマルボイス」  加藤えりこ  角川書店



旭川冨貴堂、末広店の広いコミックコーナーでウロウロしていたら、
「何かお探しですか?」と店員さんか゛声をかけてくれました。
すぐに探し出してくれて、「作者さんは、旭川の方なんですよ^^」と
言いながら手渡してくれました♪

本は平積みにされて、冊数が減ってました!  何だか嬉しくなりました。


2018-06-02 033

↑こちらは、第一巻の表紙。早速読んだ第二巻、
笑いの中に、泣かせるところがあって、とっても楽しく読みました。
良かったですー(^^♪



            🌷


昨日のブログで、「清流」と題された版画を載せましたら、
YANさんから「本間武男の作品では」とコメントを頂いて、長い間分からなかった
作者の名前が、やっと分かりました。

そうしたら、我が家にあるもう一枚の版画も、同じ本間武男の作品と分かりました!



DSCN1922.jpg DSCN1925.jpg
DSCN1926.jpg DSCN1920.jpg



義弟から貰って、新しく、すっきりとなった版画。それがこうして思いがけなく
作者の名前も知ることが出来ました。

義弟、きっと喜んでいるだろなぁ。
YANさん、嬉しい情報を本当にありがとうございました。



今日の最後は、先日亡くなられたD・オースチン氏に沢山の感謝を込めて、
キャスリーン・モーレーを。

2018-06-30 076
2018.6.30    キャスリーン・モーレー



         それではまた ♡



にほんブログ村

スポンサーサイト
                 

コメント

        

共有
おはようございます(^^)/

なんだか照れます(^^ゞ
せっかく便利な世の中になったので、情報はみんなで共有した方が楽しく有益だと思うんです。ひとりひとりがたまたま知っている事を集めたら、全体ではすごい量になりますからね(^^)

一方で、過失も故意も含めて誤った情報もアッという間に広がってしまう世の中ですから、発信するというのはつくづく難しいと思いますが、世界が広がりますね。僕は良い時代だと思ってます(^^)

昨日まで窓が結露していて毎日ケルヒャーの窓用ワイパーを使っていたんですが、今日は乾いていて、気温が低くなったんですね。そのせいか、朝方急にクシャミが止まらなくなって目が覚めました^^;
No title
作者名が分かって スッキリされたでしょうね。
でも こんな形で判明するなんて ラッキーでしたね。
さつきも種類が多くて 名前が分からない時がありますが
気になって 仕方ないですよね。
とにかく 良かったですね。
こんばんは♪
お写真を載せるということは、文章や口で言うより一目瞭然ですものね。
私もニオイスミレのこと教えてもらって良かったです。
あんなに増えるとは思っていなかったわ。
植木の隅っこに置いていたプランターでしたpp

ミミハちゃんは芸術的なことにも造詣が深いけど、
こんなコミックも好きなのね。しかも買うとは・・
という私はむかーし、ハイティーン・ブギを全巻買いましたです。
まだ持っているよ(笑)
あと、田淵由美子と岩舘真理子さんのを少々(爆)
Re: 情報
YANさぁーん コメントありがとうございました^^

情報というのは、難しいですよね。
先日も、NHKの朝ドラ「まんぷく」を見ていたら、国税局から
追徴課税10万円というお報せを、電話でという場面がありました。

およっ>< こんな大事なことを電話で通知はしないはず。まず最初に
キチンと文書で発送するはず。
ドラマの進行の上で、こうしたのだとは思いますが、少し安易に過ぎて
以後、見る気持ちが消えてしまいました。

情報、難しいなあと改めて思ったのでした。

今日は午後から、濃霧になりました。運転、どうぞお気をつけて^^


Re: 名前は大事ですね^^
園主さぁーん コメントありがとうございました^^

名前、本当に大切ですよね^^

昔ね、東京にいた時分に知り合った方がいて、その方は
自分の生年月日も、名前も分からないと聞いたことがありました。

戦時下の東京で、3月の大空襲の時、たった一人助かって、まだ1.2才で
自分の名前も言えなかったのだそうです。
お巡りさんが、自分の家の子どもにしてくれて、誕生日は空襲で助かった
その日に。名前はお巡りさんが漬けてくれたそうです。

このお話は、忘れることが出来ません。

Re: 実は
miyakoちゃーん コメントありがとうございました^^

うふっ^^ 実は、あの漫画の作者さんは、私の友人のkyokoちゃんの
お嬢さんなのですだ^^
なので、彼女が高校生の時から、旭川の書店のイラストコンクールで
一位になったりして、ずっと漫画家になる夢を持っていたことも知っていて、
東京で頑張っていたことも知っているのでした^^
私が言うのもおかしいけど、本当に良いお嬢さんなのです^^
やっぱり、応援したくなりますよね^^
で、私に出来るのは、これ位の事なのです^^

岩舘真理子、私も好きでしたー、絵が柔らかくて優しいよねー^^