FC2ブログ
        

隣の錦秋 ミセス.ジョン・レイン

2018/ 10/ 25
                 
DSCN1178.jpg

今日も秋特有の変わりやすいお天気。
雨・曇り・晴れ・雨の繰り返しなので、庭仕事はお休みに。

↑隣の空き地の山桜が、綺麗に紅葉してました(^-^)/



              🌷


今年のバラを振り返る。今日はMrsジョン・レインです。


2018-07-26 003
ミセス.ジョン・レイン  1887年 英 返り咲き 芳香 2018.7.26撮影






花びら、食べられちゃってますけどチャーミング☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

2018-07-26 002
2018.7.26



1887年に作られたバラなので、131年も命が繋がっている事、
素敵なことですね。



2018-07-26 001
2018.7.26



Mrs.ジョン・レインの交配親は、フランソワーズ・ミシュランの実生
と書かれていました。
残念ながらフランソワ―ズ・ミシュランの写真は見つかりませんでした。

ミシュランと言えばフランスの有名なタイヤメーカーですね。何か関連が
あるのかも知れないなぁと思ったことでした。


2018-07-14 046
18.7.14


そして、Mrs.ジョン・レインの隣に植えてある風知草が
年々巨大化して、Mrs.ジョン・レインを飲み込もうとしています・・・
何かよい対策があるでしょうか。




2018-08-20 016
2018.8.20



    明日の天気予報は快晴です。☀

             それではまた ♡


にほんブログ村
スポンサーサイト
                 

コメント

        

ちわ~♪
お天気が変わりやすくて作業も進んだり、進まなかったりですね。
山桜の紅葉がきれいです、その横の黄色の木もシュッとして美しいね^^

ミセス.ジョン・レイン気の遠くなるような長い年月を愛されてきた薔薇ですね♡
風知草の存在感が立派!こんなに大きくなるんですね^^
フウチソウ、株分けしてはどうですか?
観光ガーデンなんかでも、大きくなりすぎた株は株分けして小さくしているようですよ。
分けた株はどこかに植えたり、必要なかったら廃棄するとのことです。
うちではフウチソウは天敵。
自生のフウチソウが凄くて、いつも抜きまくっています。
あちこちからどんどん生えて来て、とてもタチの悪い雑草で、駆逐するのが大変。
こんなものをお金を出して買うなんて・・・と思っています。(笑)
でもmimihaさんのところはフウチソウにしてもススキにしても、お行儀良いですねえ~。
やっぱり庭主に似るのかなあ・・・(笑)
ミミハさま

ミセス.ジョン・レイン、やっぱりステキですね。
オールドローズにはそれにしかない魅力があることにも気づいていますが、このバラからもそれを感じ取ることができます、ですから多くの人々に愛され、ロングセラーになっているのでしょう。香りのオマケも付いていますか。

それとアイスバーグはつるになると、一季咲きで、無香になるんですか!
これも新発見でした。
山桜の紅葉がきれいですね。
色といい 形と言い 良い雰囲気を出してますね。
ブロックの塀などがないので ご近所が一体化
しているみたいです。
風知草は 時期の良い時に掘り上げて株分けするしか
ないのでしょうか?
羨ましいくらい 勢いがいいですね。
こんばんは♪
130年以上も!
凄いねぇ。

風知草はそちらではずい分とよく育ちますね!
でもこんもりと形が良いです♪

山桜ってホウキ状に伸びるんだね。
山桜の紅葉、綺麗ですね~。
上部の葉はもう 落ちだしてるようだし、早、落葉の時期が近いのでしょうか?
それと こちらの山桜とはずいぶん雰囲気が違って、ポピラのようにスッキリと、上に向かって伸びていってるようです。ひょっとしたら、蝦夷山桜?
オオヤマザクラとは違うのですか?
こちらでは、この桜は実際に見たことがないのですが、花色の紅が濃くて、憧れの桜なのです~。
Re: 駆け足の秋
あっぷるりんさぁーん コメントありがとうございました^^

隣家との間に空き地があって、そこに生えているえぞやまざくらと、
種類の分からない木が、それぞれに黄葉していて、きれいだなぁと思って^^

今日はだいぶ葉が落ちてしまって、北国の秋は駆け足ですーー。
風知草・・・でかくなり過ぎですよね><
そそ、私ね、こっちに来た時に思いました。北海道の植物は全般的に
大きいのです!
そして、春一番のオオイヌノフグリがね、大きく咲いていて、可愛くなかったの><
小さいから可愛いという事もありますよね^^
Re: シャベルが入らにゃい><
にこさぁーん コメントありがとうございました^^

風知草ねー、私も株分けだわっと思って、シャベルで掘り起こそうとしたことが
あるの。でもね、シャベルが周りに入らないの>< で、株分けは断念。
地面の中では、きっと根同士の熾烈な戦いがあるのでしょうね。

そしてね、ススキ。我が家にあるのはタカノハと細葉糸ススキなのだけど、隣の耕作放棄地
に生えたススキが、ものすごーーい勢いで我が家に侵入してくるんだぁー><
もし、私達が庭仕事出来なくなったら、あっという間にススキヶ原になりそうで恐いー><
しかも、ススキって、根が深く張るので、めんどうなのでした><
地主さんは、夏の間は数回来て、接している場所の草刈りはしているのですけれど、全面的に
するには、かなり大変と分かっているので、何も言えません。
隣地問題は、難しいですね><

Re: タイトルなし
酒音食人さぁーん コメントありがとうございました^^

Mrs.ジョン・レインを買ったきっかけは、鈴木せつ子著 バラ
世界のローズガーデンを訪ねて、という本の中でした。
その中でグラハム・トーマスが、わずか8才の時にこのバラに出会って、
心を奪われてしまったことがかかれていて、蕾が開き始めた時の
本当に美しい写真が付いていて、わぁーっ、私もこのバラに会いたいなぁ、
という、いかにもミーハー的な動機からなのでした。
幸いにも、北海道の大野農園さんのカタログの中に入っていて、注文すること
が出来たのでした。

育ててみたら、本当に品の良いバラで、何よりも姿が綺麗なのでした。

去年注文して、年を越せなかったOLRのリゼット・ドゥ・ベランジェも、
花の姿が、心に残る素晴らしいバラで、酒音食人さんが書かれたように、
それにしかない魅力。がありました!

長い年月、受け継がれてゆくバラには、本当に底深い美しさと魅力が
あるのですね^^
Re: 紅葉
園主さぁーん コメントありがとうございました^^

お隣の空き地は、元々は我が家の持ち主だった方の
土地で、地続きになっていました。で、畑として使用されていたので、
住まいと畑を区切るために、イチイの生け垣を作っていました。

持ち主だった奥様は無くなられて、今は隣の市に住む息子さんが
年に数回訪れて管理をしてらっしゃいます^^
内心、買ってもいいなぁと思っていましたが、農地として登録されているために、
農業者じゃないと買えないことが分かり、あきらめました。

でも、今になって、買っておかなくて良かった! と思っています。
今は自宅の庭だけで手一杯。歳になってしまいましたー><

なので、こうして垣根越しに紅葉を楽しんでいます^^
Re: 風知草 大きくなりすぎて><
miyakoちゃーん コメントありがとうございました^^

オールドローズとか、原種のバラとかって本当に凄いなぁと
思ってしまいます!
私がバラを育てるようになったきっかけは、名前の分からない
ピンクの一重のバラが片隅に咲いていて、一生懸命本屋さんで
バラの図鑑を見て調べて、原種のオオタカネイバラと分かって、
本当に驚きました。

原種って、現代のバラの大元になったバラ! 一体何年この場所で
命を繋いできたのかしら、そう思って感動しちゃいました!

でもま、私達人間も、何世代にもわたって命を繋いできたので、
同じなんですけどね^^

そして、風知草。巨大化して>< 株分けしようとシャベルを入れたら、
入りませんでした><

Re: えぞやまざくらですー🌸
つばきやまさぁーん コメントありのがとうございました^^

ですです! エゾヤマザクラですー!

私ね、桜と言えば子供のころから親しんでいたのが神社に咲く
染井吉野の桜でした。優しい淡いピンクに馴染んでいたので、
北海道に来て目にした桜に、馴染むのにとっても時間がかかりました><

正直、濃いピンクの花の色が、野暮ったく思えていたのです。
けれど、次第に、うん! この花はこれでいいのね^^ とおもえるように
変ってきました。

山桜なので、葉も花も一緒。それもまた八重桜や、枝垂れ桜の様で良いなあと^^