ウィーンフィル/ニューイヤーコンサートのバラ

2021/ 01/ 01
                 


毎年、元旦の楽しみは、ウィーンフィルのニューイヤーコンサート🎶

音楽は勿論ですが、会場に飾られたお花を見るのが、大好きなのです。




DSCN7618.jpg



やはり主役は薔薇。

この色の組み合わせ、爽やかでナチュラル、そして甘くて、
何とも素敵ヽ(≧∀≦)ノ



DSCN7640.jpg



今年はコロナの為に、無観客のコンサート><

指揮は、リッカルド・ムーティ―(イタリア)


DSCN7629.jpg



ライムグリーンの花と、淡いピンクのアンスリウムが
良い雰囲気を。




DSCN7628.jpg



↓数年前まで、ウィーンフィルの演奏者は男性のみでしたが・・・
今は、沢山の女性たちが加わっています💜


DSCN7630.jpg


演奏会は世界各国とテレビ中継で繋がっていて、
心のこもった、熱い拍手が聞こえてきました。

私も、テレビの前で思わず拍手をしてしまいました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


DSCN7643.jpg



本当は3日まで、ブログはお休みと思っていましたが、
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが、とっても素晴しかったことと
楽友協会ホールのお花の色彩に魅せられて、写真を撮ってしまいました。

テレビからの写真なので、本当の色が出ていないかもですが、
載せることにしました。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

それではまた ♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
スポンサーサイト



                 
        

音楽コンクールを聴きながら

2020/ 11/ 12
                 
ブログの更新をと思って、記事を書き始めて、
NHKのFM放送をつけたら、今年の日本音楽コンクール
ピアノ部門・本選会の放送が🎶

素晴しい演奏に聴き入ってしまって・・・・




DSCN4325.jpg
2020年7月



演奏は、ピアノの王道、ショパンのピアノ協奏曲1番と2番がお二人。
そして、技巧的で素晴らしく華やかな、サンサーンスのピアノ協奏曲
がお二人。



私の嬉しい気持ちそのままに、クレマチスと薔薇の写真を^^
青紫のクレマチスは、エミリア・プラター。
ピンクの薔薇は、アメリカン・ピラー。


🌷

今日は晴れ。雪も解けてヽ(≧∀≦)ノ

DSCN7318.jpg DSCN7321.jpg
昨日     今日


薔薇の雪囲いは、最終段階に入ることができました。


DSCN7322.jpg


連日のコロナのニュースに、憂鬱になることが多いのですけれど、
ピアノコンクール本選会の、胸のすくような演奏で、未来は明るいなあ、
と思ってしまったのでした🎶

一位の方は、ショパンのコンチェルト、
2.3位の方はサンサーンスのコンチェルトを
それぞれ演奏されました。

皆さん、本当に素晴らしかったです。

それではまた ♡


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
                 
        

落葉松

2020/ 10/ 25
                 
DSCN7114.jpg



落葉松のある坂道を下ると、もうすぐ我が家(^∇^)ノ
秋も深まってきましたね。


森 麻季さんの歌う「落葉松」がとっても素敵だったので、
良かったら聞いて下さいね🎶






詩を書かれた野上彰さんは、他にも「銀座の雀」・「よいとまけシャンソン」など
素晴しい歌詞を書かれました。
この「落葉松」も、心に沁みる歌詞と思うのでした。

🌷

今日はお通夜があって、eikoちゃん・kazuちゃん・お父ちゃん・
私の四人で、行ってまいります。


亡くなられた方は、公民館の館長さんを長年務められていました。
昨年勇退するにあたって、大切なお仕事の一部を、お父ちゃんの事務所に
依頼してくださいました。お引き受けすることがきちんと決まって
肩の荷を下ろしたような、ほっとされた時のお顔が、懐かしく思い出されて・・


そんなことを思うと、胸が一杯になってしまいます。



🌷



冬の前にと切り戻したら、もうこんなに復活していましたo(^▽^)o
この元気、見習いたいですね。


DSCN7121.jpg
プルンネラの葉






今日のお八つは、コンビニスウィーツ。


DSCN7132.jpg




こちらでは随分気温が下がってまいりました。
皆様も、ご自愛くださいませ。

それではまた ♡



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

薔薇(バラ)ランキング
                 
        

思い出のピアノ

2020/ 10/ 23
                 
今日は雨降り。庭仕事はお休みにして、
先日買った布で、ピアノカバーを作りました。


DSCN7085 (2)


今は昔、20才の記念に一生つづけられる趣味を持とうと決めて、
それなら音楽だわ♫ とピアノを習い始めたのでした。

仕事帰りに通ったピアノ教室は、芸大大学院生の方のご自宅。
大人になってからのピアノは、難行苦行続き><



DSCN7093.jpg
ショパンの雨だれを学校で。(30代って、若いのねー 遠い目)


結婚・出産・育児と仕事。何回も中断と再開を繰り返しつつ、
続いていたのは、音楽が好きの一言🎶



DSCN7092.jpg
最後のレッスン曲は、ショパンのバラード1番

40代の半ばに東京から北海道に住まいを移して、
今度は、先生に自宅まで来ていただくという贅沢をΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
そして、先生がご結婚されて札幌に行かれることになり、長く続いた
ピアノのレッスンを終えることにしたのでした。

ショパンのバラード1番が最後のレッスン曲でした。

今はもう、老眼の為に、楽譜を見るのが追い付かなくて、
ピアノの蓋は閉じたまま。
けれど、いつか、じっくりとピアノと向き合いたいなあ・・・



🌷

雨の合間に庭に出て。赤い薔薇が二つ。

DSCN7080.jpg
ムンステッドウッド





DSCN7079.jpg
クリムゾングローリー

🌷

そして、気が付いたら、拙ブログが6年過ぎて、
7年目に入っていました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

一重に、閲覧して下さる皆様のおかげと思います。
本当にありがとうございます^^

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

それではまた ♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

                 
        

碧空/ドイツのバラ

2020/ 03/ 14
                 
今日は青空
ストーブも切って、気持ちの良い一日。

DSCN0676.jpg


空と雲が綺麗だったので、白樺越しにパチリと。
そうしたら、「碧空」という曲を思い出しました♪

碧空には、懐かしい思い出が^^
(ずぐ上の、碧空をクリックすると、ユーチューブに飛んで、曲が聴けます)



アンジェラ
DSCN5791.jpg
2019.6.25

まだ高校生だった私に、クラスメイトが一枚のチケットを差し出しました。
「私、急にいけなくなったの。もし行けるなら」
チケットにはアルフレッド・ハウゼ楽団、と記されています。
「行く♫」と私。

アルフレッドハウゼは、今を時めくタンゴの楽団で、ラジオからは
美しいメロディーと、小気味よいリズムが毎日のように流れていたのでした。


レイニー・ブルー
DSCN5780.jpg
2019.6.25



学校からそのまま、大手町のサンケイホールまで足を運んで、
指定された席は前列三列目の中央。

目を輝かせて、全身でリズミカルなコンチネンタルタンゴの演奏に
浸ったのでした。



ロココ
DSCN5869.jpg
2019.6.27


制服のセーラー服姿で、目をキラキラさせて聞いている私。
指揮者の方と、何度も目が合って^^
お化粧のことなど何も知らない、素朴な17才だったのでした。

今日はそんな昔のことを思い出してしまいました^^

アルフレッド・ハウゼは、ドイツの楽団でしたので
薔薇の写真は、それに因みました。


🌷

DSCN0684.jpg

今日のお八つは、コンビニのシュークリーム。

(煙草を買いに行ったお父ちゃん。深謀遠慮で
スウィーツをお土産にしてくれるのでした。)


🌷

ローゼンドルフ・シュパリースホープ
DSCN6097 (2)
2019.6.29


それではまた ♡

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ