雑草と付き合う ① 刈り込む


↓裏庭の通路。緑の地面は、クロ―バーが主体の雑草で構成されていて、
定期的に芝刈り機をかけています。
雑草をグランドカバーにしてしまう方法です^^



2016-07-08 037 2016.7/8


最初、ここは細かな砂利まじりの土の道でした。前の持ち主の方は、除草剤を
使って整えていましたが、よほどでない限り除草剤は使いたくない私達。
住んで3年目には雑草の宝庫へと変わっていました><



2017-01-29 001



↑の写真の本「雑草と楽しむ庭づくり」は、楽しみにお伺いしているブログ、
「ポルトガル頼り~ヨーロッパ偏見(ひんがら)日記。をお書きになっている
青目海さんが紹介されていて、私は町の図書館に取り寄せ依頼をお願い
していました。

本の中では、雑草をグランドカバーにしてしまう方法として、刈りこむことが
書かれていました。期せずして、同じことをしていたと嬉しくなりました^^


2016-06-30 015 2016.6/30


↑去年は。雨が多かったせいか、珍しく雑草が枯れて、その後には、「西洋芝の種」
を蒔きました♪ 上の薄茶色の部分が枯れた箇所です。



「雑草と楽しむ庭づくり」の中で、いいなと思う言葉がありましたのでご紹介を。

〇 雑草は生えてくることが自然なのだ。もし何もしないのに生えてこなくなったら
  それは砂漠化の始まりかもしれない。だとすれば、雑草を根絶やしにしようと
  することは、砂漠化しようとしているのと、あまり変わらない。
   私たちに必要なのは、雑草が生えてくる豊かさと、どうつきあうかということ
  なのだと思う。




雑草との付き合い、どうしたらお互いが気持ちよく暮らせるのかは、庭を始めて
考えるようになったことでした。この本の中には、すてきな対処の方法がありました
ので、順次ご紹介したいと思います。



       それではまた ♡


☆ 雑草と楽しむ庭づくり  ひきちガーデンサービス。曳地トシ+曳地義治著
              2011年発行  築地書館  2200円+税


にほんブログ村

  
スポンサーサイト

今年のミニボーダー計画


南東の芝生の庭。町道に続く斜面は雑草に覆われていました。
ここ、もしかしたらボーダー花壇に出来るかも💡!
それには草むしりから。と頑張った2015年。



使用前          使用中             使用後
DSCF4126.jpgDSCF4489.jpgDSCF4487.jpg
2015.5/12~5/28


雑草を整理して、苗を・・ だがしかし、先立つものが$$$ ><

最初の一年は、宿根草を移植して。ほうき草はkazuちゃんからの頂き物。




ボーダー-01
↑2015年初めてのミニボーダーの様子。





↓そして、2年めの去年。フランネル草の赤い色が明るく彩ってくれました。


2016-07-01 073



3年目の今年は?

ブルーのヒソップと、白か赤のフロックスを株分けして加えようか
と考えています。また、ピンクのアナベルが一株あってもいいかしら?





2016-07-20 031 2016-08-12 014



庭の計画。こうして書いていると、忘れないような気がしてo(^▽^)o

    それではまた ♡



にほんブログ村


春が欲しい日



大野 紀代歌集  「春浅きバラ」より


    かこいせる切株ならぶ畑に来て
           わらの間に青き芽をみゆ


早春、もしくはまだ冬の気配の残るころ。藁の中に育まれていた
小さな青い芽。見つけたら、本当に嬉しくなりますね +゚。*(*´∀`*)*。゚+

春が欲しい私の気持ちが、この歌に繋がりました。


                     🎶

春を告げるライラック

DSCN4701.jpg

撮影日は昨年の5/21でした。まだまだ先ですねー。



昨日できなかった風露草の鉢植え。無事に終了しました。

2017-01-28 001 2017-01-28 004


嬉しいことに、小さなビニール袋の中に2株入っていたので、鉢も2つに^^
サンルームに置くと凍る可能性があるので、暖かくなるまでは室内で管理
することにしました。



1/28の最高気温-5度。最低気温-5度。  なんとまぁ><
そして風強く、吹雪いています。

2017-01-28 008


皆さまのブログから、今年の風邪は重症化する様子が
伝わって参りました。気を付けましょうね。


         それではまた ♡



にほんブログ村

不発になった初庭仕事


先日注文してあった風露草。ジョンソンズブルーの苗が届いて(*^_^*)
嬉しさいっぱい♪


2016-06-12 019




↓きちんと箱に入って、大切に出荷されているのが伝わってきました。^^

2017-01-27 001 2017-01-27 002
2017-01-27 005 2017-01-27 007


もう芽がでていました。急いで鉢に植えましょう。
土も肥料もあるし、鉢底ネツトもok。

が・・土が凍っていたという悲劇><
二重にビニール袋に入れて、居間の床暖房の上に一式を置きました。
植え込みは明日に延期。


2016-07-16 029
違う種類の風露草。

ふわっとした草姿と花の様子が、優しくていいですよね^^


それではまた ♡




にほんブログ村


-30度と百合のこと


↓ 2017.1/24 午前6時58分 この朝の気温は-30度。

今まさに、朝日が昇るところ☀
あまりの寒さに、シャッターを2回押して退散。


2017-01-24 001


この寒さに、一瞬ssrgさんが
「-30度の中でシャボン玉を吹いたら、すぐに凍ってきれい」
と書かれていたことを思い出しましたが、温かな室内に戻ったら、
もう忘れていました。根性はアリマセン><



1/24  午前8時55分

2017-01-24 003



前回、気温が-30度になったのは、1/15のこと。電気給湯器の配管が
凍って、お湯が出ませんでした。

以後、気温が下がりそうな夜は、給湯器近くのキッチンドアを
小さく開けてから就寝しています。
効果はあって、今回は無事でした♨♨♨ Hot



2017-01-21 011


まだ1月も終わっていないのですが、これまでの天気はおよそ平年並み。
穏やかな気候の一年になって欲しいですね。(^-^)/




今年の庭計画、百合の花壇について、ずっと考え続けています。

2016-08-07 020 16.8/7


7-8年も球根を植えこんだ時のまま管理してきて、花も背丈も小さくなって、
慌てて掘り上げて、肥料などを入れたのは三年前の晩秋。
そして咲いた花は、やはり小さなままでした。もう一度テコ入れをと、新たに
土も肥料も球根も足してみましたが・・・


2016-08-10 001 16.8/10


やはり連作障害かなぁ・・・

まだ植えていない百合の球根が多数あります。
どうしよう。ここに植えてもいいのかなぁー。
悩み中です。


       それではまた ♡



にほんブログ村


たんこちゃんストーリー 完結編

いよいよ完結編なのにゃー 😺


2016-10-07 034
 2016.10/7


さて、初雪の降る直前に、チャコは隣家の3匹目の猫になり、
タンコ母さんとチョビは我が家の子になりました^^

我が家では猫用ドアを玄関に設置して、出入り自由にしましたが、
隣家では交通事故が嫌なので、室内飼いと決めています。

これは、そのお家の方針なので、どちらでもよいですよね。



DSCF5727.jpg
ブラックベリーの花  2015.7/11




その後、のんき坊やだったチョビは、残念ながら車の犠牲になって亡くなりました。
隣家のチャコも、病気で亡くなってしまい、たんこちゃんも手術をした為、
DNAを伝える子供はいません><
チャコは、とってもお利巧だったと聞いています。

因みに、たんこちゃんは、道路を渡る時、左右確認してから素早く移動しています。




2016-06-02 042 2016-08-16 019


↑同じ景色でも、たんこちゃんがいると生き生きと見えるような気がして^^

もう相当なお年寄りになった たんこちゃん。腎臓の数値が><と動物病院の
先生から言われています。
一時は食欲が落ちて心配しましたが、Russian Roseさんから教えていただいた
キャットフードの「チュール」。 これで、再び元気になりました!



↓写真は昨年の5月のもの。

DSCN4202.jpg


お庭にいるのが大好きな たんこちゃんと私。今年も楽しい時間が持てますように。
たんこちゃんストーリーにお付き合い頂いて、本当にありがとうございました^^


それではまた ♡
     またにゃー  😺

😻 隣家の奥様は、その後、体質が変わって猫アレルギーになって
   しまいました。そういうこともあるのですね><



2017-01-21 002



にほんブログ村


たんこちゃんストーリー ③

                           
さて、お隣の車庫で寝起きすることになった猫ファミリー。
母さん猫の、その風貌から「タヌキちゃん」と呼んだら、
「そりゃ可哀そう。タンコだわよ」とお隣の奥様。
それがいい、それがいいとタンコに決まりました o(^▽^)o



DSCF1177.jpg 2018.12/31



両方の庭と畑を行き来していたある日。
「たんこちゃん、こっこにはネズミの袋子を上げるといいよ」と話しかけた所、
その日のうちに赤ちゃんネズミを捕まえて、私から少し離れた所で子猫に与えていました!
おおお!! これが最初のびっくり。もしや、人の言葉が分かるの?!


2016-06-24 064 16.6/24
向いの畑に現れたキタキツネ。



5匹の子供のうち、一番の器量よしは真っ黒のクロちゃんでした。
それが秋になった頃、ふっつりと姿が見えなくなりました。
キツネもいるし、トンビやカラスもいます。隣家の目の前は町道で、車の通行もあります。
それからしばらくして、2匹のキジネコも車に><
残った茶トラは「チャコ」白黒の覆面猫は「チョビ」と名前も付きました。
毎朝、餌を食べて、わが家に入りたいようなそぶりを感じつつ・・・
決断できない私><



DSCF1814.jpg



そして、季節は初雪の舞う10月に。
「チャコは、家で飼うことにする」とお隣の奥様が。

「よし、もう仕方ないから、2匹は家で飼おう」
夫の言葉が嬉しくて^^


翌朝、餌を食べに来たたんこちゃんに、
「今日から家の子よ。入っていいからね」と玄関の扉を
開けたら、すっと素直に玄関に入って、二階への階段を上ってゆきます。
「たんこちゃん。チョビも連れておいでー💛」
その言葉を聞いて、すぐにチョビを連れて家に入ったたんこちゃん。
この時が二度目の驚きでした。
私って猫語が話せるにゃん←アホ^^

2016-10-22 020 2016.10/22



初雪が降ったのは、それから間もなくのことでした。

   も少し続きます
     
      それではまた ♡


2017-01-21 006

まだ、昨日の映画の余韻が残っています^^   良かったなぁ🎶   



にほんブログ村

たんこちゃんストーリー ②


母猫+5匹の子猫・・・・・
お願い どこか他所に行って~
夕方には、いなくなっていました。
が、翌日は、また畑に Σ(゚□゚(゚□゚*)
そんなことが何日か続いて


SSCN2005-01.jpg



我が家の右隣の奥様に「いったいどこの猫かしら??」と聞くと
「うーん。あそこかと思う怪しい家はある。Xさんよ」
道路を隔てたX家。使っていない納屋が😺ハウスとのこと。
「なるほどー」
X家の広い敷地の中で、猫が何匹か日向ぼっこをしていました。



DSCF1694.jpg


猫ファミリーは、我が家と隣家のあたりを領地と決めたようでした。
心優しい隣家の奥様は、ご自宅の車庫に段ボールを置いて、寝る場所を
作ってくださいました。
が、もうすでに2匹の猫を飼っています。
「これ以上は~><」
「そうよねーー><」
お互いに顔を見合わせて・・・・


DSCF0959.jpg 2007.7/11

ギー・サヴォワ 今は無い、思い出のバラ。 


そんな話を主人にしたら、
「餌をあげるだけなら・・・・」とのこと。

早速HCからドライフードを買い込み、玄関前に置きました。



そうそう、云い忘れましたが、その時、犬もいたのです。

DSCF0742.jpg 2006.12/8



犬の名前は「アカ」。ご近所の一人暮らしの小父さんが、透析を始める
事になって、犬を飼えなくなったとのことで、我が家で預かることになったのです。



    続く ♡


2017-01-21 004

映画を観てまいりました。良かったです。
     それではまた ♡





にほんブログ村


たんこちゃんストーリー ①


今日はRussian Roseさんからご要望があった「たんこちゃんヒストリー」を😺


DSCF0458.jpg 2006.6/12

たんこちゃんの初期の写真は、携帯電話に沢山入っていたのですが。。。
ある年の秋、長い間の念願だった、道東の忠類川へサーモンフィッシングに行って
帰りの汽車の中の洗面所で携帯電話が水浸しに><
全ての画像が水の泡と消えたのでした。


DSCF1042.jpg 2008.1/20


もう18年くらい前の夏。
「タヌキみたいのが、向いの車庫の横にいる!」と夫が。
どれどれと見に行って、その動物と目が合ったとたん、
「あれっ。私、この子と関わることになるう」と予感がしました。
実は私、たまにこんな風に閃くことがあって、当たるのです。
「猫だったぁー」と報告して、その日は終わりました。



DSCF1104.jpg 2008.7/6
↑夏の畑は、こんな感じです。  



それから数日後。裏庭中央の野菜畑の中、茄子の葉の下で昼寝をしている子猫が
いました! その数5匹。黒、茶トラ。キジサバ2匹、白と黒の覆面猫。
なんとまぁ色々に分かれた子猫たち・・
そして母猫は、例のタヌキ色の猫でした・・・・・
合計で6匹。
お願い。どこか他所に行ってちょうだい。




DSCF1053-01.jpg 2008.6/22

ということで、続きます。

     それではまた ♡



にほんブログ村


受け継いだ庭



私の住んでいる北海道は、その昔、蝦夷地といわれていました。
明治2年(1869年)に、三重県松阪市出身の松浦武四郎によって
北海道と名付けられて、今年で148年。
歴史が浅いため、ささやかな我が家の変遷も知ることができます。

2017-01-21 001 2017-01-21 006


明治30年代、鳥取の松平伯爵によって開かれた松平農場。
富山から入植した惣万三郎右衛門さんが、独立してこの地に居を
定めたのが一番最初です。




2017-01-21 009
白樺の霧氷


昭和になって、町の森林組合長さん。平成になってから私達が住んでいます。

私達にこの住まいを譲って下さった奥様は、数年前に亡くなられていますが、
「あなたたちが、ここに住んでくれてよかった」
と私に言ってくださいました・・・・・


2017-01-21 021



庭についての詳しい知識もないままの私達。大きな変更はせずに、
現状の維持管理に努めている姿に、ほっとされたのだと思いました。


2017-01-21 014


けどね、今だから言っちゃいますけれど‥ 
しばらくの間は、奥様から沢山のダメ出しを頂いて、教育的指導が
嫁いびりみたいだなぁーって、心の中で思っていたの(つω-`。)


私達も、この庭の次のことを視野に入れておかないと、と最近思うように
なってきました。




2017-01-20 010

   心配すると皺が増えるよぉー
  
      と、たんこちゃんに言われたような気が・・^^

それではまた ♡



にほんブログ村

main_line
main_line
プロフィール

mimiha

Author:mimiha
北海道の小さな町に暮らしていま
す。植物のこと、猫のこと。ささ
やかな暮らしを綴っています♡
写真のバラはリゼット・ドゥ・ベランジェ
オールドローズです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR