わが家の赤バラたち ②


赤いバラ。今日のトップは、スーリール・ド・モナリザ。
モナリザの微笑みという名前なのですって。
謎めいた微笑みのモナリザさんと、どこか共通のものがあるのでしょうか^^

写真は6月-10月までのものです。
20161129モナリザ-01
スーリール・ド・モナリザ 2008年 仏 メイアン シュラブ 返り咲き 微香


シュラブだけれど、小型のツルバラとしても扱えるとのことで、アーチに
しています。アーチ上部は杏色のコレッタとの組み合わせ。

育ててみて、非常に欠点の少ないバラと思いました。

* 7月の小山内健さんの講習会で、私見ですが、「寒さに強いバラは、暑さにも
強いと思います」とお聞きしました。
それを裏付けるように、他の方の記事で、36℃で開花。九州向きかもと、書かれていました^^





そして、赤の真打登場 チョーーン♫

20161129バーグマン-01
イングリット・バーグマン  1984年 デンマーク  HT 四季  微香

バラの殿堂入りを果たしている、とにかく美しいバラ。
もう私が語る必要もないかと(^∇^)






こちらは、ナイトクイーン。
データがなくて、アメリカ生まれのバラとしか分かりません。
屋根からの落雪がある場所に植えてしまったのですが、
毎年、とても頑張って花を咲かせてくれます。

2016-09-05 058



赤いバラ、後はミニチュアが一つ。

2016-07-08 028



赤いバラが加わったのは、少し遅い時期でした。淡い色が好きで、
赤は・・と敬遠していたのです。そこに、オットットが「バラとチューリップは赤!」
と断定して。。
それではと入れてみましたら、劇的に空気が変わって、何というか生き生きとした
空気が通う、そんな感じがしたのです。
赤。やっぱり元気を貰えます^^


それではまた ♡



にほんブログ村


スポンサーサイト

わが家の赤バラたち ①


わが家の赤バラ。トップバッターは「つるルスティカーナ」

写真は今年6-7月のもの
20161128赤いバラ-01

つる ルスティカーナ  1975年 仏   パオリーノ  一季咲

旭川市の平間造園さんで、初期のころに買いました。我が家では古株のバラ。
房咲きで、花の色は温かみのある明るい赤。陽だまりを感じさせてくれるバラで、
このバラが咲くと本当に幸せな気持ちになります。
フロリバンダのルスティカーナ(1971年 メイアン)をもとに作られたようでした。







次の赤バラは、菜園入口のアーチ、左下を固めています^^

2016-07-11 033 2016-07-11 009

ジョージ・ベスト   2007年 英  ディクソン  修景バラ  四季


アーチにはクレマチスのエミリア・プラターとツルバラのアメリカンピラーの
コラボで、アメリカンピラーの根元に植えてあります>
ミニバラのような花は、小さいけれど、綺麗に巻いています。
とっても強くて、花も遅くまで咲く良いバラです。香はありません。



             🎶

大野 紀代 歌集  「春浅きバラ」より


    母親に寄るが如くに甘えくる
          時には大人ぶる新入職員


小見出しは、仲間がいるってあったかい となっていました。
わかるわかるー、と口に出してしまいました^^ 


               🎶


  2016-08-03 020-01

↑ツル サラバンド   1968年  仏 メイアン  一季



赤いバラ、まだありますので、続きにさせてくださいね。

   それではまた ♡



にほんブログ村

   

草の呼び声



時々、草たちが、何かひそひそと話しているような景色を見ることがあります^^

20161127葉-01 6月-7月

写真 左の段は、一番下から朝霧草。ヒューケラ。ホルデューム。
右の大きな写真の穂が出ているのは、ホルデューム。隣りはリボングラス。

ホルデュームは、とっても綺麗なのですが、種が飛んで、予期せぬ場所で発芽。
ちょっと困ったちゃんです。が、とっても魅力的です。



本日は、静かで平和な一日でした^^
ネタ切れてますので、簡単更新でお許しを。


    それではまた ♡



にほんブログ村


球根は まあるく💛


球根は、まあるく植えると可愛いですよ♪
と上野ファームの砂由紀さんのお母さまから教えていただいて。
以来、まぁるく、丸く、と心がけるように。o(^▽^)o



DSCN4653-01.jpg 5/19


チューリップの隣の、黄色くて丸いのはユーホルビア。
このこは、ユーホルピア ポリクロマ(黄河という和名あり)という名前です。
(名前、追記しますた^^)



5月の様子             6月の様子

DSCN4675.jpg 2016-06-27 027




ユーホルビアは、自然にこんもりとまとまってくれるので、
ちょっとフォーマルな感じを出したい場所にぴったり。
晩秋に地際まで切り戻せば、春には再び一回り大きくなって出てきます^^



そして、たった1球から、こんなに沢山になったのが、カマシア アルバ。

20161126アルバ(1)-01 6/14
カマシア    ユリ科


この球根は、平間造園のスタッフさんから、「これは絶対にいいから、お勧め」
と言われて植えたもので、もうかなりの年数が、5-6年?以上かもしれません。
こんなに大株になるとは思いませんでした。それと良い香りがします💛
植えて本当に良かったと思いました。
色は、我が家のは白(アルバ)ですが、青いろもあるようです。


春の庭を夢見ての球根選びは楽しいものですね^^




2016-11-26 006

姉から届いた柚子を使って、「柚子大根」を作りました。


     それではまた ♡



にほんブログ村

柚子から広がる



昨日11/24は、旭川の友人の所にシュトレンと姉の柚子をお裾分けに
回りました。

20161125箱-01


そうしたら・・身に余るものを頂いてしまいました🎵
レイジースーザンのジュエリーボックス!
あんまり素敵過ぎて、写真沢山写しちゃいました!
あらっ、けれど入れる中身がーーー><

ありがたく大切に、中身が増えることを願いつつ^^




2016-11-24 023 2016-11-24 024


そして、戻ったら悠ちゃんからはリンゴ、kazuちゃんからは蕗の煮物が^^

シュトレンを悠ちゃんのお家に届けていたころ、林檎を持った悠ちゃんは
我が家に来てくれていたのでした。偶然、スーパーの中で巡り合って、
お互いにびっくり。

姉からの柚子が、こんなに素敵な偶然を作ってくれました。(*≧∪≦)


2016-11-25 002


             🎶

大野 紀代歌集   「春浅きバラ」より


         なにがなし哀しきことの多かりし
               臥しいていてみれば空は青しも


作者が肝炎で入院中の歌。歌集の中の、心いっぱいの想い(1)に収められています。
空の青さに心を寄せて、密かな悲しみは解けたのでしょうか・・・・

            🎶



昨日のシュークリームに、あっぷるりんさんが、お皿の点が目に見えて@@
とコメントを下さいました。うししっ^^ 大正解でーーす⁂

2016-11-24 033 2016-11-25 010


何年か前に、マゴッチが遊びにくるということで、それでは楽しい食器を
用意しましょうと、できて間もないイオンで買いました。
軽くて、サイズもよく、使いやすいお皿です^^



        それではまた ♡



にほんブログ村

             

球子のひみつ 見てきました🎵


前日の寒気が緩み、道立旭川美術館で開催中の「球子のひみつ」展に
行ってまいりました。
1905年、札幌生まれの日本画家、片岡球子さんの展示会です。

20161124球子-01


入口には「葛飾北斎」が。
(会場内の撮影は禁止ですので、作品の写真は、名古屋ボストン美術館のHP
からお借りしました)


2016-11-22 006




私がいいなぁと思ったのがこちら「初夏」

2016-11-22 007


芥子の花には、ところどころに金が使用されていて、何とも綺麗でした。

作品を見ての第一印象は、「反骨?」と訳もなく。
力強い作風と大胆な構図を支えているのは、膨大な量の緻密で細密な
描写でした。凄いなぁと思わされました。






そして、美術館に繋がる常盤公園にも素敵な彫刻があります。


2016-11-24 003

2016-11-24 004

「行列」   三木俊治   1989年






美術館を出て、シュークリームを買って家路につきました\(^o^)/

2016-11-24 033



それではまた ♡


にほんブログ村

柚子と花梨とシュトーレン


勤労感謝の日の外気温は、何とマイナス6℃という予報。
こんな日は外出も控えて、お家の中で温かくが基本(^-^)/

ピンポーンと鳴って、開けた玄関の外は真っ白な雪。
ほっぺも赤く染まった、うら若い郵便局のお姉さんが小包を。


2016-11-23 003

2016-11-23 002

関東地方に住む、姉からの小包でした(((o(*゚▽゚*)o)))

ふあっと広がる花梨の香。そして沢山の柚子。
柚子は色々と用途が広くて、本当に嬉しく、花梨は香を楽しむために
玄関に一つ置いて。

一つずつ摘んでいる姉の姿が目に浮かびました。
お姉さん ありがとう^^



そして、昼前には天然酵母パンの月のうさぎさんが、予約していたシュトーレンを
届けてくださいました!

2016-11-23 006

2016-11-23 005


                  🎶

大野 紀代歌集  「春浅きバラ」より


       妹の帰宅時間の早き日は
              姉も急ぎ帰り家に待つという


                  🎶


ご両親が共に働く家庭での姉妹のひとこま。
幼い妹のことを案じるお姉さんの優しさ、そして、それを聞いて
ほっとするお母さんである作者の気持。家族の温もりがじんわりと^^




2016-11-22 004



寒くて吹雪の日でも、こうして荷物を届けて下さる方がいることの安心感。
まさに「勤労感謝の日」になりました^^


全国的に寒い一日になったようです。
皆様もどうぞ暖かくなさってくださいね。


それではまた ♡



にほんブログ村

            

アネモネ植え込み完了



ゆっくりと水を吸わせたアネモネの球根。
様子をみたら、しっかりと膨らんで根が出てるのもありました。


2016-11-14 001 2016-11-22 002



他にも、植えなければいけないチューリップやヒヤシンスなどの球根があって。
それらを全部、鉢に植えることが出来ました!
百合の球根は地植えにしたいので、来春までトロ箱の中で休眠です。



2016-11-22 001



外気温+1℃。無風。これなら終わっていない雪囲いの続きができそう。!
透湿防水シートをカットし、紐も用意して雪の中での作業です。
巻き終わってほっと^^


2016-11-22 006






下の写真は同じ場所の夏の様子。バラや宿根草が植えられています。


20161122コラージュ_02(1)-01

これから春まではストーブガーデンに突入します。 ストーブのそばで、
来年の庭のこと、注文したいバラのこと、そんな色々を妄想しながら過ごすのです。


         それではまた ♡




にほんブログ村


今年のクレマチス コンテス ド ブショウ


クレマチスのこの本、きっと持っている方が沢山。
とっても便利で、本当にお役立ちの本ですよね o(^▽^)o


2016-11-21 012 DSCN3864-01.jpg



この本を元に、平間造園さんで買ったのは「コンテス ド プショウ」です。
新旧両枝咲きが決め手でした。

どうも私は旧枝咲きの越冬が下手で、なかなかうまくできません><
その点、新枝咲きは管理がとっても楽。晩秋に地際で切ればそれでok🎵



20161121クレマ ブショウ-01
コンテス ド ブショウ    1900年 仏 新旧両枝咲き
(真ん中の写真、赤い花はモナルダです)





4月末に植えこんで、最初の花が開いたのは7/6でした。
花の先端が丸みを帯びたソフトピンクの花。
あらっ、良いクレマチスだわ^^とすぐに思いました。


花付きも良く(o‘∀‘o)*:◦♪

2016-07-13 036 7/13




さて、本日のオマケ
マルちゃん焼きそば、チャンポン が冬バージョンとして登場していました。
食べた感じはね、うーん美味しいのだけれど、焼きそばにする意味が伝わらなかったなぁ。

2016-11-17 017


   それではまた ♡


にほんブログ村

私には難しいバラ シュシュ


私には難しいバラがいくつかあります><
シュシュもその一つです。
枝が2本くらいしか出てくれないので、フロリバンダらしい
楽しさがありません><

蕾の形と色がとっても素敵です ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 
20161120シュシュ-01
シュシュ   2008年   日本  河本純子作出   FL 四季 微香
写真は16.6/26-8/29


今年で3年目になって、3年目からバラもクレマチスもぐんと元気に
なるので、ちょっぴり期待したのですが・・・



DSCF5067~1 15.6/25



肥料不足だったでしょうか?
来年は土を少し足して、肥料も多めに上げてみましょうと思っています。

同じ河本バラ園の「ガブリエル」も、いいなぁと思いつつ、難しいのではないかと
手が出せないのでした><



DSCF6765-01.jpg 15.8/29


                    🎶                                                                                             
大野 紀代 歌集  「春浅きバラ」より

    手を合わせ病床に祈る亡き母に
            われの命の長からんこと               

                     
心細い時は私も、心の中の母にお願いをして、嬉しい時には
お母さん・ありがとうと言っています。母の存在は幾つになっても
ありがたく大きくて。
       
                   🎶


今日は庭に出ることができて、今年食害のあったニュードーンと
フェリシアにネットを巻くことができました。ほっ(*´∀`人 ♪

2016-11-20 002


            それではまた ♡  

 
にほんブログ村 

main_line
main_line
プロフィール

mimiha

Author:mimiha
北海道の小さな町に暮らしていま
す。植物のこと、猫のこと。ささ
やかな暮らしを綴っています♡
写真のバラはリゼット・ドゥ・ベランジェ
オールドローズです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR