イタリア バルニのばら



晴天に恵まれた日曜日。突然バラが欲しいなぁー病にw

こんな時向かうのは、いつも旭川市の「平間造園」さんです。

DSCF6770.jpg


園内には、嬉しい「ばら2割引き」の文字が♪

今回は、低いフェンスに絡ませたい小輪のバラをと考えていました。


DSCF6775.jpg


あらっ、桜のようなバラで、その名もプリーズ・パルファン(そよ風の香り)・・

まだ花が咲いていました。くんくん・・・!!!!

なんと、ちっさい花なのに、とっても豊かな香りがします。

私がバラに求める重大な要素は香り! あっと言う間に決まってしまいました✿

お値段は2割引きで3千円。



                                    アプリコツトスカイ
DSCF6777-01.jpg


家に帰ってタグを見ましたら、イタリア、バルニ社のバラでした。

バルニ社のバラは、今春、やはり平間造園さんから「アプリコツトスカイ」を買っています☆

こうして、イタリアのばらが買えるようになるなんて、バラの世界も広がりましたね。



DSCF6782.jpg アプリコットスカイの蕾


このアプリコットスカイ、大きく枝を伸ばしたいタイプのバラのようでした。

まだその全貌は見えてきません。やはりあと2年、この厳しい冬を共に乗り越えてから

だと思うのです。


DSCF6616.jpg


今年のバラの買い納めと決めた、プリーズ・パルファン。植え場所は、町の舗道沿いにしました。

キャスリーン・モーレーの隣です。

ピンクの濃淡で、花の大きさも小輪と大輪。優しい雰囲気が作れたらと期待しています^ ^




それではまた ♡






スポンサーサイト

今日のバラたち



粉粧楼、なんて可愛いのでしょう! 

お盆を過ぎて、ようやく北海道本来の気候になりました。

湿度の少ないさらっとした空気。気温も25°前後で過ごしやすく、それはバラも一緒ですよね^ ^


DSCF6757.jpg




キャンドルライト     左下の白はベルガモットの花。花びらが随分落ちています。

DSCF6756.jpg




しゅしゅ   微妙な色に、ひきこまれそう^ ^

DSCF6765-02.jpg




ムンステッドウッド

昨秋、遅い時期に移植して、根付かなかったとあきらめていました。

そうしたら、葉が出て、もうそれだけで満足していたら、蕾がついて咲いていました。

咲かせて良かったのだろうか?と疑問がわきました。

けれど厳寒のこの土地。来年の保障はありません。

ムンステッドウッド 頑張ったね~☆


DSCF6768.jpg




育てているうちに、どんどん好きになって行くバラってありませんか?

私にとってフェリシアと、このミセス ジョン・レインはそんなバラです。

DSCF6759-01.jpg


花も美しく、香りも素敵。そして、よく咲いてくれるのです^ ^


今日のバラたちは、ミセス ジョン・レインを除いて、何れも少~中輪の花たちです。




      それではまた ♡









宴の後は


総勢12名が揃っての焼肉パーティー、無事に終了しました♪

DSCF6744.jpg 緑になったアナベル


朝、7時半に取引先の社長さんが、ご自分の畑から取り立ての枝豆などを

持ってきてくださいました! 前日、我が家に立ち寄った時に、ご一緒にどうぞと

お誘いして、今年は枝豆がまだ熟していないと言いましたら、持ってきて下さったのです☆



DSCF6747-01.jpg


焼肉の材料・飲み物がお馴染みのお店から届いて、私が用意したものは、

お赤飯のお結び26個。胡瓜・ナス・ミョウガの糠漬け。あとは社長ご持参の枝豆をゆでただけ♪

お赤飯は2回に分けて炊いて、駐車場をお借りしたeikoちゃんと、糠漬け用の野菜を

提供してくれたkazuちゃんにもお届けデス☆


DSCF6710~1 タカノハススキ


夕方、元気に二次会のネオンまたたく場所に出かける社長たちを送り出して、

ほっといたしました^ ^

人見知り猫のたんこちゃん。夕方になるまで出てきませんでしたw



DSCF6708.jpg

すっかり赤くなったカンボクの実。秋近しですね・・・



     ではまた ♡







もしや トリュフ?



ジェーン・オースチンは、6月から途切れずに咲いています。

但し今の時期、お花は小さめです♪

DSCF6731-01.jpg


DSCF3289.jpg

3月末の記事で、ジェーン・オースチンの株元からポロリと取れたこの物体。

もしや癌腫? と心配しました。木酢液を株の根元に散布して、あとは特別なことは

せずに過ごしました。また、癌腫があっても普通に育成できますとのコメントで、

大いに力づけられたのでした。


DSCF6723.jpg


そして、この物体・・・ もしや・モシカシテ・・・・ トリュフ・・・に似ているような。

そう思って検索してみました。黑い物が2つあるのが我が家の写真。
下の写真はウィキからお借りしたもの。似ていませんか?

残念ながら、この物体は、その日のうちに廃棄してしまいました。香りは無かった
ように思います。

今となっては謎のままですが、トリュフだったらどうなっていたでしょうか!!





こちらはコレッタ。花はやはり小さめですが、微妙な色の加減が素敵ですね♪

DSCF6734.jpg



明日8/28は、我が家にお客様が来る日。小さなアレンジを作ってみました❀

DSCF6721.jpg DSCF6727.jpg DSCF6730.jpg


    それではまた ♡






 



8月のばら


チャイナドールがずっと咲いています。 1946年、アメリカ生まれのオールドローズで、ポリアンタに

分類されています。トゲはありません。   柔らかな花の色と形が、親しみやすい雰囲気のバラです。


DSCF6633.jpg


アロハは断続的に咲き続けてくれて、少しお休み、と言いたくなります^ ^

DSCF6622.jpg




ソンブレイユも、冬越し失敗で、短くなったけれど、良く咲いています❀

そして、このバラ1850年生まれなのですって! フランス生まれ。

花の色と形が、チャーミングですね。

ソンブレイユの下の小花は、ハーブのオレガノです^ ^

DSCF6718.jpg



サハラも、雪解け直後の哀れな様子から、随分挽回してきました!

バラの生きようとする力、教えられることが多いですね^ ^

DSCF6715.jpg




パレードも、花つきの良いバラです。1953年 アメリカ生まれ。

そして、この花の一方の親がニュードーンの実生とのこと。

丈夫な所は親譲りということなのでしょうか^ ^



DSCF6713.jpg


    それではまた ♡





8月の大雪山



8月の大雪山。

DSCF6701-02.jpg

8月に入ってから毎日、大雪山が見える日を待っていました。

毎日見える訳ではないのですが、20日以上も山が見えなかったのは珍しいことでした。

9月になれば、山にはもう初雪の便りが・・・ 一年て早いですね。



昨日のピンクに続いて、白い鹿の子百合も咲いていました。

DSCF6693.jpg



アーチのばら「夢乙女」

DSCF6697.jpg

一季咲きと思っていましたが、また咲いていました!  

返り咲きしてくれたのは初めてです^ ^




そして、クレマチス「プリンス チャールズ」も♡

DSCF6699-01.jpg

一度は立ち枯れ病になって、あきらめたクレマチス。

根元付近まで切って、そのままにしていたら、また伸びてきたのです。

そして花が@ @

とっても小さくて、花径7㎝くらいしかありません。それでも咲いたことに感動です☆

本来の花の大きさではありませんが、優しく爽やかな色をしていました。





      それではまた ♡





ひこうき雲


草むしりを終えて、見上げた空に、一筋の飛行機雲がありました。


DSCF6689.jpg


昨日の「ギンガムチエック」は、AKBの歌の題名と、知らないミミハッチでしたw

でも、こちらは知っていますw ユーミンの「ひこうき雲」♪  




鹿の子百合が咲きました。

DSCF6660.jpg


昔っからある百合ですけれど、クルンと蒔いた花びらの可愛らしさは、他の百合

にはないものだと思います。

そして、この百合が咲くと、夏は終わるのでした・・・・





こちらはシャクナゲです。沢山の蕾をつけています!

DSCF6688.jpg

こんなに沢山蕾が付いたのは、初めての事です^ ^

このまま雪の中で冬を越して、早春の庭に元気をくれる、真っ赤なシャクナゲなのです。





チョウセンヨメナも、超元気に花が絶えることなく咲いています。

DSCF6679.jpg



まるで空の色のようなボリジ。

DSCF6676-01.jpg

ハーブということですが、使い道がわからなくて。


昨日、バーガンディアイスバーグが・・・・ 芝刈り機で刈られてしまいました><

今日、草むしり中に気付いて、涙がでてしまいました><

機械なのでね、気が付いた時にはもう遅かったのかなとは思うけれど・・・・

雪に押されて、発育不良のまま、大きくなれない子だったのだけれど、

今年は良く咲いてくれたの・・・ 泣けてしまいました。



       ではまた ♡


DSCF5003.jpg

バーガンディーアイスバーク゛ちゃん ありがとね^ ^







ギンガムチエック


ギンガムチエック。昔っからの素朴な格子柄。

野外のテーブル用にと、赤と白のビニールクロスが欲しくて、

昨秋ネットで買ったものがこちらの写真。


DSCF1675~2昨年9月のもの



その後、ニ○リで紅白のギンガムチェック、撥水機能のついた布のクロスを見つけて、

同じもので揃えたのが下の写真・・・

楽しくなーーーい><

おとなしすぎて、ツマンナーイ><



DSCF6652-01.jpg

8/28に、総勢10名様をお迎えすることになっているのです☆

その日は事務所の全員で、トマトジュースを作ります。その現場が我が家の近く。

打ち上げを兼ねての、焼き肉パーティーなのです!




DSCF5769.jpg DSCF1675~4-01


微妙に違う赤の色と、格子の大きさで、雰囲気が随分ちがいました。

私的には、クロスの色が揃っていない、昨年の方が楽しくって好き^ ^

けれど、今回はお揃いのクロスを使用することにしました。



DSCF6654.jpg


   (=^・^=) 食べ物がおいしかったら、な~んも問題ないにゃ    by たんこ




     それではまた ♡






何でもない景色に


こんな何でもない景色・・・・  洗濯したテーブルクロスとコスモスの花。

好きなのですっ♡


DSCF6648.jpg


主人も私も双方の両親を送って、子供も自分の家族を持って、今は二人の暮らしです。


こんな光景に、幼かった頃の母の思い出が重なって、ちょっとセンチメンタルになってしまいました 。


それは、もしかしてコスモスのせいでしょうか?

DSCF6635.jpg

うん、そうかもしれませんね。コスモスには、郷愁を誘うような何かがあるのかも♪





ほおずきと、ほおずきの実。 こちらは食用です。

DSCF6640.jpg DSCF6641-02.jpg



この春に植えたアンブリッジローズ、また咲いてくれました❀

DSCF6617-01.jpg


    それではまた ♡






耕運機



先週、点検をお願いした耕運機、ピカピカになりました☆

DSCF6611.jpg


オーバーホールして頂いた結果、ケーブルが錆びていたので交換して終了!

嬉しかったのは、本体の赤いカバーが綺麗に塗られていたことです。

どこも磨かれていて! 修理して下さった方、本当にありがとうございました^ ^

これからも丁寧に使って、長く付き合いたい耕運機なのでした♪

*  費用は税込で26000円と、少しお安くしてくださいました!   ほっw


そして、また夏空が帰ってきました!

DSCF6606.jpg


午後から、夏の日差しになって、気温25度に。明日から一週間の予報は

おおむね23度以上となっていました。ただし、最低気温は平年より低めとのこと。



白地に淡いピンクのフロックス。この子は沢山増えて欲しい花です。

DSCF6397-01.jpg





急に涼しくなったこの何日か、たんこちゃんはお布団にもぐりこんで寝ていました。

DSCF6535-02.jpg



     それではまた ♡






main_line
main_line
プロフィール

mimiha

Author:mimiha
北海道の小さな町に暮らしていま
す。植物のこと、猫のこと。ささ
やかな暮らしを綴っています♡
写真のバラはリゼット・ドゥ・ベランジェ
オールドローズです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR