一枚の布絵から



              布絵 「菜の花の道」

布絵作家として活躍していらっしゃるHさんが、最初に作った作品です。
「こんなのが出来ちゃった!」
「あら~ 素敵!」


最初の作品の中に、その人のすべてが納められている。そうどこかの文学書
で読んだ記憶があります。

DSCF1675.jpg
撮影9月上旬

布絵に込められているのは、かすかな寂しさと彼女の清潔な心。
それから、前に進んでゆこうとするシンプルで明るい気持ちです。
付け加えるなら、力強さも!


あれから彼女にも私にも、流れた年月のぶんだけ色々なことがありました。
それはきっと、どなたも同じ・・・・


写真は今年九月の庭です。
おーーーい 雲
呼びかけたくなるような青い空でした。
スポンサーサイト

素敵な「サハラ」

姉の好きなバラ「サハラ」です

DSCF1606.jpg
撮影 6/27

      「サハラ」  独    タンタウ  1996年

ツルバラなので大きく枝が延びるのですが、積雪の状態に左右されるため、
大きく作ってあげられません><

DSCF1356.jpg
撮影 9/27

蕾から開き始めた時、美しいですね。
そうそう、裏のお家のkazuちゃんも「サハラ」がお気に入りです。
実は、kazuちゃんと姉は同年齢で、同じ名前です。偶然とは思えません。

長いこと姉は母と暮らしてくれました。姉の心配りの中で、母はその生涯を
閉じたのです。

ーーー お姉さん ありがとうーーー

書き忘れ。本日の 「女子会」とっても楽しく終了。10人が参加しました。
にぎやかななかにもテキパキと清掃が進み、くじまでありました。
私は「昆布つゆ」が当たりました! 

プリザーブドフラワー

このシックな色合いが、部屋をぐっと落ち着いたものに.してくれました。
K様から届いた「プリザーブドフラワー」
幾重にも重なったバラの花びら。ため息です。

DSCF2058.jpg

「バラの紳士」と私が呼んでいた方が、K様の小父様でした。
日本バラ会の副会長を務められている方とは知らずに、家族で銀座の
ビアホールで楽しい時間を沢山過ごしました。
お亡くなりになって何年たつのでしょう。あれから長い時間が過ぎました。


インターネットでバラの検索をしているうちに、偶然見つけた懐かしいお名前。
ゆかりのあるかたが、やはりバラに携わっていらっしゃることを知って、本当に
嬉しくなりました。
k様ご自作 プリザーブドフラワーのアレンジメント、素敵ですね!


今年良く咲いたのは「コレット」

DSCF1601.jpg
                                                   撮影 6/27
      「コレット」  仏 メイアン社  作出1994年  ツルバラ

今年とても良く咲いてくれました。バラの本には香りは淡いとありましたが、
いかにもバラらしい素敵な香りがしました。
枝は柔らかめで、誘引は楽でした。花色はピンクからアプリコットと微妙に変化
してゆきます。

写真↓の赤いバラは「スーリール・ドゥ・モナリザ」(モナリザの微笑み) 
2008年  仏  メイアン社作出


DSCF1598.jpg


二つのバラに共通しているのは、良く花を咲かせるということでした。
モナリザの方は、残念ながら香はありません。

続きを読む

土曜日は女子会です!



           写真は 「イチイの赤い実」


今週の土曜日は「女子会」です。
この言葉の響き、ちょっとワクワクしませんか?


DSCF2028.jpg

本当は地域の会館の、年末大掃除なのです。
清掃してさっぱりとなった会館で、女性達の井戸端会議が始まります。

今日、お使いから帰ったら、「もち米」が届いていました。
プレゼントの主は「あっちゃん」です。
女子会に持って行くもの、ひらめきました。
きのこの炊き込みごはん。 もち米を少量混ぜると風味が増します。
あっちゃん、ありがとう♪♪

続きを読む

いままた・ いまなお 「カクテル」

「カクテル」
1961年 仏 メイアン社作出      撮影6/27

DSCF1394.jpg


不思議なバラです。だってどこのお家にもあるんですもの!!
どうして??


DSCF1586.jpg

可愛いのです。
元気になるのです。
今日の涙は明日の笑顔になりますよって
そう言っているように思えるから・・・

小春日和


小春日和になったので、庭に出てみました。
裏庭には昨夜の雪がうっすらと残っています。

続きを読む

吉田秀和先生の次は



 写真は「ジェーン・オースチン」です。

買い物に行く車の中で聞いたFM放送。「名演奏ライブラリィー」だったでしょうか。
リムスキー・コルサコフの「シェェラザード」の素晴らしい演奏が流れてきました。
曲が終わって、解説が入ります。
 
ほんの少し早口で、どこかに硬さが残る話し方。それが逆に新鮮でした。
音楽と演奏から受けた印象を、的確にすっきりと話しています。
うわっ、嬉しいな! この人素敵!
吉田秀和先生が亡くなって以来、私は新しい音楽批評家に興味が沸きませんでした。


続きを読む

再びの緑とペンバートンローズ

DSCF1358.jpg
                 6/28撮影

昨日一日の雨で雪が溶け、再びの緑になりました。
11/14の大雪で根雪になったものと覚悟を決めていたので、
嬉しい誤算でした。
一番下の写真が今日の庭です。


写真は「コーネリア」です。
ハイブリットムスクに分類されています。作出はイギリスのJ・ペンバートン。
沢山の素晴らしいバラを残してくれました。

続きを読む

名無しの赤いバラ



昨日からの雨で雪は大分解けました。
写真をと思ったけれど、どうも楽しくない><
ということで名前不明の赤いバラの写真にしました。
(小さなピンクのバラはコーネリア。横に広がっているのは
ニュードーンです。)

一季咲きのツルバラで、香はありません。
花の色はしっかりとした赤から、次第に紫がかってきます。
一枝に10くらいも蕾がつく多花性です。

続きを読む

main_line
main_line
プロフィール

mimiha

Author:mimiha
北海道の小さな町に暮らしていま
す。植物のこと、猫のこと。ささ
やかな暮らしを綴っています♡
写真のバラはリゼット・ドゥ・ベランジェ
オールドローズです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR