挫折した堆肥作りの巻

2015/ 11/ 30
                 


庭から出る剪定枝、抜いた草。それらをまとめて堆肥にしようと、夫に頼んで、

コンパネと木材で堆肥置き場を作ってもらいました。♪(o・ω・)ノ))

が・・・・どんどん積み上げられて行くばかりで・・・・


DSCF3728.jpg 4/24


写真の右奥、小山のようになっているのがその場所。

新しくぬいた草が、ビニール袋のまま置かれて・・・・

もう堆肥は無理。おまけに美観も損ねているし・・・・ どしたらいいの?


DSCF4359.jpg 5/22


個人で、これを整理するのは限界だなぁと考えて、廃棄物処理の業者さんに伺いました。

早速見にきて下さって、引き受けて下さるとのこと。

その時のほっとしたことと言ったら(ノ)’∀`(ヾ)


DSCF5432.jpg 7/3


当日は重機一台を隣地に置かせていただいて、鉄のアームで綺麗に掬い取ってくれました。

所要時間はおよそ2時間。費用は税込で8640円でした。

そして現れた土は、気持ちの良い弾力のある土でした。


DSCF6015.jpg 7/21


新しく生まれたこの場所に、マリア様を納めた小さな祠を設置しました。

葡萄・ミニバラ・木槿・コバノズイナを第一陣として植え込みました。

鉄砲百合の球根も植えて、素敵なコーナーになるようにと願っています。



SSCN1511-01.jpg



切り落とした木の枝は、細かに分類してゴミと薪に分けること。

刈り取った芝と、草むしりで出たものは、車庫横の細長い通路に敷くことにしました。

今は雪に埋もれたこの場所。マリア様は室内に置かれています。




    それではまた ♡



にほんブログ村
スポンサーサイト
                 
        

夢乙女のアーチ

2015/ 11/ 29
                 


ある年の夏祭り、神社の境内に植木屋さんが出ていました。

必ず立ち止まるワタシ (´∀`*)

あらっ「夢乙女」が♪

他にバラがあるかしらと見ても、これ一つしかありません。

それではと、連れて帰りました❤



DSCF5112.jpg 6/25


植える場所はアーチと決めていました。

前年まで、ここはクレマチスの場所でした。けれど、枯れてしまって、

スペースが空いていたのです。


DSCF5068.jpg 6/25



アーチ右側は、赤バラの「スーリール・ドゥ・モナリザ」とアプリコット色の「コレッタ」。

フランス、メイアン社のバラで揃えました。

左側には、ピンクの「コンパッション」(英国。ハークネス社)。

そして「夢乙女」(日本)という組み合わせです。

アーチの両側にリボングラスを植えてあります。


DSCF5536.jpg 7/5


夢乙女の小さな花は、来て下さる方にも好評で、皆さんが笑顔になります。

育ててみた印象は、すくすくとよく伸びること。枝は細く、柔軟性にすぐれていること。

花つきの良さは折り紙つき。ただ、細かいトゲには泣かされます。


そして、コンパッションとの組み合わせですが、これは上手くいきませんでした。


DSCF7170.jpg 9/23  コンパッション  CL


生育旺盛な夢乙女が、コンパッションの場所を奪ってしまい、またコンパッションは枝が剛直なため、

アーチに添わせるのが少し難しいと思いました。

ニュードーンと夢乙女にした方が、アーチ全体の為には良かったかなと反省しています。


SSCN1538.jpg


この冬、アーチのバラは冬囲いの方法を変えてみました。アーチに絡ませたまま冬を越すのは

初めてです。結果はどう出るのでしょう?  来春4月を待つのみです・・・

夢乙女、いろいろな楽しみ方が出来るバラと思いました .゚+.(・∀・)゚+.



  それではまた ♡



にほんブログ村
                 
        

土曜は女子会

2015/ 11/ 28
                 

女子会・・・・・何だかこの言葉の響きに、ワクワクしちゃう私 (ノ´▽`*)b☆

一体どなたが女子会なる言葉を作ったのでしょう? チェックしてみました。

居酒屋さんが「わらわら女子会」として、女性専用のメニュープランを提供したのが

そもそもの発端とのこと。

2010年の流行語大賞のトップテン入りをして、定着した言葉になったようでした♫


咲き乱れる女子会 イメージ写真♪

DSCF3997-01.jpg 5/5



開催場所  地区会館       時間  午前10時~

むふっ  何のことはない、恒例の「年末大掃除」なのです (ノ´▽`*)b☆ 

毎年、平均して10名くらいが集まって、地区の会館の大掃除を行います。

その後、きれいになった会館で、食事とおしゃべりをして終わるのです。


DSCF3747-01.jpg 4/26 チオノドクサ


平均年齢が幾つかなんて、絶対に書けません><

ご自慢のお漬物、サラダ、煮物‥等。この日は、みなさんがいろいろと持ち寄って、

本当に楽しく笑って過ごします。


DSCF4257.jpg 5/19 水仙


当初は農協の婦人部として発足し、町のイベントなどのお手伝いに参加していました。

ですが、年々、農協の会員も減って、ついに、我が婦人部も農協から抜けたのでした。

今は年に一度、地域の会館の大掃除の時しか集まりません。

けれど、みんなが仲良し。いまでも「○○ちゃん」と呼び合っています。


DSCF4552.jpg 5/30 シラー


ブログを書いている途中でkazuちゃんが煮物を持って来てくれました! 

SSCN1629-01.jpg


土曜の女子会当日の、天気予報が大荒れなので、どうなるかなぁと二人で心配し、

丁度届いたタキイのカタログを開いて、目新しいものをチエック。


DSCN1626-01.jpg


町の除雪車が通ったので、急いでパチリ。




           本日は、この春に咲いた球根植物の写真でお送りしました。 (^-^)/



    それではまた ♡



にほんブログ村
                 
        

台所の窓から

2015/ 11/ 27
                 


ふっと洗い物の手を休めて、窓からの景色を見てしまいます。

冬の長い北海道・・・ そして、今朝11/26は突然の-19°(`・ω・´)

11月でこの気温になるのは、北海道生活21年にして初めてのような・・・・

SSCN1623.jpg 11/26

台所の窓からの景色も、もうすっかり雪景色です。



前夜からの濃い霧は、今朝、美しい霧氷に・・・

SSCN1622.jpg



青空と雪はお友達 ((^∀^*))

SSCN1607.jpg


内地では、今冬の予報が暖冬とのこと。北日本は平年並みだとか。

それにしても、11月での-19°は、かなり異例のことと思います。

一月・二月には-25°などという夜が何日かあるのです。

昨夜は寒さを予感して、トイレのヒーターを点けました。




この夏の景色が、やっぱり好き。6/25の写真です。

DSCF5137.jpg





お父さんの椅子で日向ぼっこのたんこちゃん。

背中に椅子の網目が写って、鹿さん模様になりました。o(^▽^)o

SSCN1576.jpg


  それではまた ♡




にほんブログ村
                 
        

印象・日の出

2015/ 11/ 26
                 

モネの絵からは、暖かさが伝わってくるけれど・・・       


DSCN1572.jpg


こちらは寒そうですね~ |ω・`)

 SSCN1579-01.jpg


ご存じモネの「印象 日の出」  

今朝、カーテンを開けたら、朝霧にかすむ中での日の出♪

どこかに共通点がありそうな気がして、急いで写真を撮りました。




もう○十年も昔、通っていた小学校にはモネの睡蓮の絵が飾られていました。
本物か、複製かは分かりませんが、私はその絵が大好きでした。





こちらは、我が家の睡蓮                  

DSCF5135.jpg  6/25


SSCN0833-01.jpg 10/27


モネは自分の理想とする庭を作り上げて、どんなにか幸せだったことでしょう。

いつかジヴェルニーのその庭を、訪れることができるでしょうか?





「今、フランスは怖いんやでぇー」

と、たんこちゃん。

SSCN1590-02.jpg

穏やかな暮らしが、一日も早く戻ってくるようにと願っています。


         それではまた ♡


      

にほんブログ村
                 
        

気になる薔薇 T・I・コンキュバイン

2015/ 11/ 25
                 

ずっと、ずーっと気になっているバラがあるのです。

皆さんに、そんなバラはありませんか?

このバラ 「ティプシー・インペリアル・コンキュバイン」 チャイナローズ がそれです。 

DSCN1545.jpg 画像はお借りしました。



2004年に発行された「バラ図鑑」の中の、オールドローズの所に乗っていて、

素敵だなぁと心に残っていました。


DSCF2307.jpg



そして、今度はまた大野農園さんのカタログの中で再会しました。

四季咲きのチャイナローズ。春は咲ききれず、夏、秋が良いと書かれていました。

大野農園さんのカタログでは、寒さには弱く低温期や雨期が続くと花が開かないことが

あるので栽培はやや難しい。香り、色調ともに価値のある品種。とあります。


SSCN1565.jpg


チャイナ・・・・・

どうも私の所では、チャイナは難しい>< ブレイリー№2だって咲いてくれないし><

うーん。けれど素敵です。欲しいのです。


北海道でも、かなり寒い私の住んでいる地域・・・・

どうしましょ・・・・ (´・Д・)」



                 *


さてさて、雪です。 除雪は冬の運動不足の解消に、なってくれるかしら?

SSCN1514.jpg SSCN1549-01.jpg


竹で編んだジョンバ。昔ながらのこれが扱いやすくて好きなのです。


SSCN1548.jpg


除雪終了しました~♪



天気予報によりますと、24日から北海道からの冷たい空気が南下するそうです。

皆さま、温かくなさって下さいませね。

そして、ティプシー・インペリアル・コンキュバインの情報などお寄せ頂けましたら、

とても嬉しいです。゚(゚^∀^゚)σ。゚



    それではまた ♡






にほんブログ村
                 
        

原種のバラの愛らしさ

2015/ 11/ 24
                 



今日は我が家で二番目に早く咲くバラを、ご紹介します。

(一番早いのは、原種のオオタカネイバラ)

オオタカネイバラとほぼ同時期、1日か2日遅れて咲き始めます。

「ロサ ピンピネリフォーリア」   原種  英国    (ロサ・スピノッシマとも呼ばれています)

DSCF0490-01.jpg


一重の清楚なバラが枝一杯に咲くのは、毎年5月の末から6月にかけてです。 

我が家では10年選手のこのバラ。スコットランド原産ということもあってか、寒さにはとても強いです。

一季咲きで、香りは殆ど感じられません。そして、オオタカネイバラと良く似て、鋭いトゲに

覆われています。また、地下茎で思いもよらぬ所に枝が出ていることもしばしば w(゚o゚)w


DSCF4727.jpg



元気の良い暴れん坊君ですが、この花の気取りのない愛らしさは魅力的です。

分けて欲しいと希望があって、姉の所と、お隣でも育っています^ ^

我が家にある原種のバラはこれを含めて3種類(他はハマナス。オオタカネイバラ)です。


DSCF4720.jpg


写真の中の桃色と黄色はツツジ。赤はオリエンタルポピー。

バラは、私の身長(158㎝)を越して伸びています。花の大きさは5~7㎝ほど。


SSCN1540.jpg 


11/23午前の様子。雪が降って、景色はもう白に変わってしまいました。

画面中央がピンピネリフォーリア。透湿シートで保護してあるのはバラ「カクテル」です♪



SSCN1534-01.jpg



クリスマスの飾りも出して。明日は月のうさぎさんが、パンを配達にきて下さいます。

その時に、今年のシュトーレンの予約をしましょっ (^-^)/



DSCF2241.jpg

こちらは、昨年のシュトーレン。ドライフルーツがぎっしり詰まっていて

存在感たっぷりでした^^


  それではまた ♡





にほんブログ村
                 
        

太郎の屋根に

2015/ 11/ 23
                 


雪が積もっていました。根雪になってもおかしくないような景色ですが、さて、どうなるでしょう?

水分を多く含んだ、柔らかく重い雪ですので、案外溶けるかもしれません。

昨年は12/4頃が根雪初日だったように思います。



SSCN1520.jpg


ふっとこの詩を思い出しました。三好達治の「雪」


  太郎を眠らせ  太郎の屋根に 雪ふりつむ

  次郎を眠らせ  次郎の屋根に 雪ふりつむ


なんだか懐かしいこのフレーズ。 白一色の世界も間近です。



              *


日曜日の趣味の園芸は鉢で育てるバラでしたね。

きれいだなぁ~と見とれていました。←遠い目(。´・(ェ)・)



さて、来年の課題を早くも考え始めました。(雪に埋もれて、することナインダモーン)


課題①は、今春手がけた町道沿いの狭いボーダーの植栽を考えることヾ(・∀・)ノ

  5/28                6/4             
DSCF4487.jpg DSCF4666.jpg DSCF4978-01.jpg


細長いこのスペースの草むしりで力を使い果たし><  何はともかく、ありあわせのもので・・・

となってしまったのでした!


kazuちゃんから頂いたホウキグサを植えて。

DSCF6889.jpg  9/6


そのホウキグサで、テーブル用の小箒を作って(制作は夫)、

10月中に宿根草の刈り取りをして、今季の作業は終了。

SSCN0354.jpg 10/11
     

今年この場所には、宿根リナリア、アルケミラモリス、リクニス、などを植えました。

来年はここに、葉がふんわりと広がるものを植えたいと思うのですが・・・



フェンネル(こぼれ種の苗)が第一候補です♪        丁子草も♪

DSCF4931.jpg DSCF4950.jpg


ここはガレキだらけの土でした><  あせらずに、ゆっくりと改良をしながら

いつか、風にそよぐ花のボーダーになりますよう (o‘∀‘o)*:◦♪



 それではまた ♡




にほんブログ村
                 
        

普通の日が好き

2015/ 11/ 22
                 



天気予報通りの雪の朝。


SSCN1478-01.jpg




午前中にCDが届いて、さっそく聴きました。

ブラームスの交響曲2番は、アマゾンでみましたら、小澤征爾とサイトウキネンオーケストラ、

カール・ベーム指揮、ウィーンフィルの二枚に心惹かれ、オーソドックスなカール・ベームの方に決めました。

ブラームスの田園と言われるこの曲。素敵です(*´∀`人 ♪



RSCN1482-02.jpg 


そして、今度は姪から嬉しい郵便が届きました。

姪のお友達の「海月ゆう」さんのイラストカレンダーです。

暦は別になっていて、好みの絵と組み合わせて使えます。

ころんとしたバラの花。可愛い(*≧∪≦)

SSCN1491-01.jpg SSCN1492.jpg


こんな風にモノが届く日は、人も来るようで、午後から事務所の先生がお見えになって、

主人と何か打ち合わせをされて、お帰りになりました。



こんな何でもない一日。音楽をゆっくりと聴いて、可愛い郵便物が届いて、

お客様にお茶やコーヒーをお出しして過ぎてゆく・・・ なんだか嬉しいなって思いました。



                   *




ここで、何でもない景色を一枚     7/25    菜園のたんこちゃんです。

ジャガイモの葉が伸びて、アンジェラが咲いて。やっぱり夏はいいなぁ。


DSCF6106.jpg



    それではまた ♡




にほんブログ村
                 
        

OLR ヴァリエガタ・ディ・ボローニア

2015/ 11/ 21
                 

オールドローズという言葉を知ったのは、園芸誌BiseSビズ誌上だったと思います。

円を描くように丸く、花房がたゆとうように咲く。その豊かな美しさに、はっとさせられました。



DSCF5521.jpg  15.7/5


この本の発行は平成15年と16年ですので、約12年前。

ミーハーな私は、著者の梶みゆきさんとバラに、すっかり魅せられてしまったのです。

庭造りを始めてまだ間もなく、せっせと苗を植え込んでは・・・・枯らしていました~(T_T)


SSCN1454.jpg SSCN1458.jpg



そんな中、出会ったのが「ヴァリエガタ・ディ・ボローニア」でした。

このチャーミングな絞り模様。ころろんとした花の形に素晴らしい香り❤


DSCF0913-01.jpg  07.6/24

蕾の形まで可愛くて。

DSCF0569.jpg  06.6/28/


このバラがダメになった時(テッポウムシでした)何が原因だったのかと

本気で考えました。そこから1つ1つのバラを丁寧にチェックするようになりました。

植穴・土・肥料・剪定・・・・ 学ぶべきことが本当に沢山(-∀-)

けれど、好きということは何よりも力が大きいのですね!


DSCF5342.jpg 15.7/1


↑の写真のバラは、二代目です。

そして、下に記した5つのバラは、庭に欠かせないと私が思って、再挑戦しているバラ達です。


イングリット・バーグマン       アイスバーグ     スパニッシュ・ビューティー        
ピエール・ド・ロンサール       アンジェラ        

きっと、どのバラも皆さんにはお馴染みのバラばかりと思います♪


SSCN1331.jpg

11/20は、花びらのような雪がふぁ~っと降って止みました。

今週は天気予報にさんが並んでいます。

皆様も温かくしてお過ごしくださいね(^∇^)ノ


    それではまた ♡





にほんブログ村