苺のシロップ(酒石酸)

2015/ 04/ 30
                 


DSCF3197-01.jpg  DSCF3810-01.jpg


佐藤雅子著「私の保存食ノート」の中に載っている「いちごのシロップ」
どうしても作りたくて、材料になる酒石酸を町の薬局にお願いしました。

4/9に電話で依頼して、4/28に届きました!
この薬局は町に唯一ある医院の付属薬局です。入荷しましたの連絡の後に
「お届けします」と言われて、嬉しい驚きです♪ 

DSCF3800-01.jpg  

作り方を書きましょう。

材料  いちご 500g  砂糖 1㎏  酒石酸14g  水3カップ

1) 苺は水洗いし、へたは金気を避けるために手で取る。
2) 広口瓶を煮沸消毒したものに、水と酒石酸をいれ、水気をきった苺を入れる。
3) 紙か布で蓋をし、1日一度か二度、木しゃもじかスリコギで静かに混ぜる。
4) 3.4日たって良い香りがし、苺が白くあせて上に浮き上がったころ、ガーゼ2枚
   を重ねたものでこす。軽く汁だけをこす。
   残った苺はジャムにすると良い。
5) 苺の汁をびんにもどし、砂糖を加える。ふたは、布か紙を使用。
   一週間くらいの間は砂糖がよく溶けて完全に苺と混ざるように、何度もかき混ぜる。
    (よく溶けないとカビのもとになる)
6) 何となくいただけそうな良い.匂いがしたら出来上がり。
   熱湯で消毒した瓶に詰め、蓋はガーゼ2枚を重ねて輪ゴムでしばる。
   しばらくは発酵が続くので、蓋はガーゼが良い。
7) とても甘味が強いので、ごく少量を水・炭酸などで割る。

DSCF3802-01.jpg

ガーゼのハンカチがあったので使用。(大き過ぎるーーw)






DSCF3803.jpg DSCF3808.jpg

白いソリ、再登場です。ただし今回は水道工事代が頭に残っていたため、緊縮財政型の鉢植えに
なってしまいましたw  ノースポール4つ使用です♪



    それではまた ♡





スポンサーサイト
                 
        

お手伝いと漏水2

2015/ 04/ 29
                 

DSCF3788-02.jpg

kazuちゃんのお家の白樺です。点のように小さな薄緑の葉が見えてきたばかりです。

午前中は、kazuちゃんの畑に堆肥を撒くお手伝いの約束をしていました。

DSCF3785.jpg   DSCF3783.jpg


午後からは耕運機が入る予定なので、午前中に堆肥を撒き終えなければいけません。
二人分の珈琲を持って、kazuちゃん宅に八時半に到着。

途中何度も休憩を取りながら、一輪車に堆肥を積んで撒くことの繰り返しです。
お八つに用意してくれたバナナが美味しくw 午前中一杯かかって終了しました!


                  *

DSCF3668-01.jpg

写真は葉が展開し始めた「ピエール・ド・ロンサール」

夕方、水道屋さんが来てくれました。例の棒にヘッドフォンの片側だけつけた器具を使用し
「これ、もう配管の取り換えをしないとダメですね」とあっさりと・・・・
配管の上のコンクリートを剥がして工事するため、およそ10万とのこと><
工事は一日で終了の予定で、連休明けに日程の連絡がくることになりました。
パッキンでは終わりませんでした・・・・シクシク

DSCF0940-02.jpg
ピエール・ド・ロンサールの花 .07年7/5のもの。


一つ嬉しいこともありました♪
「酒石酸」が届きました。4/9に地元の薬局に取り寄せをお願いして
時間はかかりましたけれど、親切にも自宅まで配達して下さいました。
値段にしたら417円の品物です。

さあ「いちごのシロップ」作らなければ♪  苺は隣町の比布町(ピップチョウ)が有名です。
明日にでも、気晴らしに行ってきましょうか。



      それではまた ♡





                 
        

漏水・・?

2015/ 04/ 27
                 




昨年11月から水道料金が3千円も上がって、あれ? と思っていた。
今までは月平均5千円の水道料。(これでも十分に高いと思うけれど)

冬期間は水道メーター付近は積雪のために近づく気持ちになれない。
3月末に雪が解けたけれど、そのことは忘れていた><

丁度近くで庭仕事をしていたので、そう言えばとメーターを確認してみた。
小さな黒い■が左右に動き、小さな数字が上がった!
あらまっ>< 今、水は使っていない筈・・・


DSCF3776-01.jpg
(困った雑草のタンポポとスギナが咲いていた)

町役場に電話して、漏水のチェックをお願いした。
すぐに来て下さり、メーターを見て、ごく微量の漏水があると指摘された。

「築40年なので、老化が始まっているのかも・・・」
「そうですか~。そんな場合は、パッキンが劣化して漏れている場合もありますよ」

次に家の中にある水道の元栓をみて頂く。職員の方は、巨大化したヘッドフォンのような
物がついた金属の棒を水道の管にあてて、音を聞いている。
「ここですね。水が流れている音がします」

DSCF3747.jpg
(満開になったチオノドクサ)


外の量水器までの管理は町。それ以外は民間の業者に依頼と教えて頂き、
本日はこれにて終了。
この後、何度かお世話になった水道屋さんに電話をして明日午後にきて貰うことになった。
どうか、パッキンの交換だけで終わりますように♪

                    *

クレマチス「プリンス・チャールズ」を買いに行ったとき、ショップのクレマチスコーナーで、
「カミラ」と名のついたクレマチスを見つけました。
「ダイアナ」と名のついたクレマチスは、赤く可愛らしい壺型のもの。

はてさて「カミラ」とは・・・・

134381602610213206654_KC3P0072.jpg


なるほどぉ・・・・





     それではまた ♡





                 
        

プリンス・チャールズ

2015/ 04/ 27
                 

クレマチスが入るのは4月末。平間造園さんに「プリンス・チャールズ」をお願いしてありました♪

昨秋、敷いてあったレンガを外して、芝に変えた道路沿いの庭。
ここにクレマチスを植えたいのです 。

DSCF1688-01.jpg

上の写真は昨年9月のもの。スタンプがある場所が予定地です。

やや小さ目で、花色の柔らかいアンネリーズと、淡いブルーのプリンス・チャールズの
組み合わせ。

頭の中ではもう完成しています。そして、今日はここで・・・・・


DSCF1654-01.jpg DSCF3767.jpg
   「アンネリーズ」                「プリンス・チャールズ」


お店のスタンプカードが一杯になっていて、3千円が使えるのでした!

クレマチスの値段は1800円でした。もう一つ買いましょう♪

DSCF3768.jpg
 
赤に紫がかった色の「アロ」というクレマチスを購入です。

プリンス・チャールズはビチセラ系。
「アロ」はジャックマニー系。 2つとも新枝咲きです。
新枝咲きですと、晩秋に地際でカットして、そのまま冬を越しますので、管理がとても楽です♪

ちょっと濃いめの色の「アロ」、こちらはどのバラとコラボさせましょうか。
白のアイスバーグ? それとも単独にしましょうか?

DSCF3752-01.jpg

白のヒヤシンスも咲いていました。
クレマチス「アロ」どこに植えましょう。

楽しく嬉しい春が始まりました♪



       それではまた ♡






                 
        

松って・・・

2015/ 04/ 26
                 

DSCF3734-01.jpg


先日 イヴままさんのブログにて、チューリップ「おやゆび姫」がアップされていました♪

札幌に遅れること1週間、上川地方の我が家でも「おやゆび姫」が咲き出しました。


DSCF3738-01.jpg


1つの球根から、花を幾つも咲かせる「おやゆび姫」。イヴままさんはお母さんが子供を慈しんでいる姿
と仰っていました。本当に、そのように見えますね^ ^

☆ イヴままさんのブログ     ちわぷー『イヴ』と薔薇色の明日   
   ほっこりと温かいブログです♡


                  *

DSCF3559.jpg


さて、上の写真の松(品種名が?です。 モンタナハイマツかなぁ・・・)

樹形が乱れているので、今年は剪定をと思っています。
松の剪定・・・毎回悩んでいます。

丁寧に一本ずつ見て、真ん中の芽を取り除きながら進めてゆくのが
理想ですが、ついつい面倒になって・・・

幸い、この松は手が十分届きます。この春は少しがんばってみましょうか。
庭の仕事、沢山ですね。一つずつ・ひとつずつ・・・

DSCF3733-01.jpg

ヒヤシンスも「こっこ」が沢山出て、増えましたw







      それではまた ♡








                 
        

シンデレラ

2015/ 04/ 25
                 

「シンデレラ」

 DSCF3726.jpg         DSCF3722~1-01

車庫の中に眠っていた古いタイヤを、引き取っていただくことになって、
「女房のバラの苗代に消えちゃうと思うけれど」と、旧い付き合いの車屋さんに
主人が言っていたと聞いたワタシ・・

使わない物だし、車庫兼物置が広くなればいいので、タダでいいと思っていたら、
4千円頂いてしまいました!

翌日、主人のお酒とタバコが切れて、一緒に買いにいくことにしました。
「その前に、日曜大工のお店で宿根草を少し見たいの」 

DSCF3709-02.jpg

車から降りたら、目の前にバラの苗が一列に並んでいます。
「イントゥリーグ」があるわ! 珍しいこと。 ちょっと揺れます。お値段は1860円。
枝が細めのバラが続いていたところに、がっしりとした良い枝のバラがありました! 
名前は「シンデレラ」 ドイツのコルデス社のバラ。

コルデスのバラということで大きく心が動きました。
寒冷地でも育つバラを創りだしている会社、というイメージがあります。

花は中輪の房咲き・・  優しいピンク色。私はこの手のバラには弱いのです。
はい! 決まりました!

レジにて「2600円と税でー」・・・・・・あれれっ、1860円じゃなかったのね。うん、あれだけ
しっかりした枝だから、仕方ないわねと納得です。

その後で目的のお酒とタバコを買って、4千円はすぐに消えました!

DSCF3726-01.jpg

水仙も咲きました。


     それではまた ♡



追記  実際に咲いた姿を見ないと分からないのですが、シンデレラの画像を拝見
     しましたら、どこかニュードーンに似ているような花の色と咲き姿でした。
     交配親、知りたくなってしまいました!
    
     そして「里山を素敵なローズガーデンへ」のssrgさんのブログにて、ご実家
     にこのバラがあることを発見♪ 楽しみになりました☆







                 
        

エゾエンゴサクなど

2015/ 04/ 24
                 

夕方、庭の一隅にぽっと明るい光があたって、呼ばれたような♪
北国の春を代表する「エゾエンゴサク」が咲いていました。

萩の葉に似た、丸くて黄緑色の可愛い形。すっと伸びた茎に沢山の花。
この花もスプリングエフェメラルの仲間ですね。


DSCF3717-02.jpg



昨日は晴天。風もほとんど無く庭仕事日和でした。

ボーダー予定地には縁石があって、1つの長さが60㎝なので、縁石一つ分を一日の仕事
に決めました。数えたら三〇以上もあって、出来ない日も予測すると1月半はかかりそう
です><


DSCF3710.jpg   DSCF3706.jpg


芝生に続いているので、雑草化した芝が入り込んでいます。大体の所まで抜いて、
我が家にある植物を移植します。

そうしたら、kazuちゃんから素敵なプレゼントが届きました!
スウィートバイオレット・芝桜・ラムズイヤー。みんなkazuちゃんのお庭の植物です♪

こうして少しずつ、ボーダーも進み始めました。



そして、関東に住む義弟から写真が届きました。

もう藤の花が・・・ 早いですね~  白い藤 素敵ですね^ ^

IMG_1464 (800x600)

午後、日曜大工のお店に行って・・・・・・ がぁぁぁぁん  バラの苗を・・・・・
シンデレラという、とってもしっかりとした枝のバラでね、花の写真を見た途端に、
この子は連れて帰らなきゃとなってね・・・・ 意志薄弱だけど後悔はしてないの・・・

この続きはまた明日ね~~♪



         それではまた ♡







                 
        

菜園こと始め

2015/ 04/ 23
                 

じゃーーん!! 愛機 「 」 アラッ、名前が有りませんでしたw

耕運機です! 今年もついに、この日がやってまいりました。
(もう9年も使っているので、色があせています)

いくわよっ! っと、その前にすることがありました~

DSCF3685.jpg

kazuちゃんに昨秋頂いた手作りのモミガラ燻炭と、馬糞堆肥を蒔くのでした!

石灰は、何日か前に蒔いてあります。

DSCF3691.jpg   DSCF3693.jpg


快調に運転がはじまりました。雨の多い春でしたので、土が柔らかくなっています。

耕運機は何段階かに耕す深さの調整が出来ます。
乾いて固くなっていると、なかなか深く耕せないのですが、今年は二度目の耕運で
一番深くまで耕すことができました。
                         
ジャガイモ(男爵と北あかり)の用意もできています!

                
                   *

耕運が終わって機械に付いた泥を落としていた時、お客様が見えました。

先日、庭にいた時にお話しをして、黄色のクロッカスを球根ごと差し上げた方です。

何と、ご自宅のビニールハウスで出来た「ニラ」を沢山頂いてしまいました!

DSCF3697-01.jpg


わらしべ長者 ミミハッチ  夕ご飯に、にらたまが一品増えました♪


DSCF3700-01.jpg

原種系チューリップ「ヨハン・シュトラウス」です♪






     それではまた ♡






                 
        

動かないもの

2015/ 04/ 22
                 


先人が残された石。 芝生の中央からやや右に置かれています。

DSCF3389.jpg

他にも。

DSCF3684-01.jpg


そしてもう一つ

DSCF3678.jpg

先人は森林組合長さんを務められた方で、新築のお祝いにこれらの石が置かれた
と聞いています。

小さい方が遊びに来ると、この石からジャンプをして、それだけで楽しんでいます^ ^


石について、夫も私も情けないくらい何も知りません><
何と言う石なのか、名前すら分かっていないのです。


もしも ここに石が無かったら、味わいのない景色になっていたのではないでしょうか。
何も言わずに、ただそこにある石が、景色の要になっているように思いました。



 
   それではまた ♡



追記 稚拙なこのブログが、何とマァ半年続くことができました。
    昨日、「南亭雑記」のNANTEI様から教えていただくまで、
    のほほーーんとしていましたw 
    これもみな、仲良くして下さる皆様あってのことで、本当に
    嬉しく、改めて御礼申し上げます。
    これからも、どうぞよろしくお願いいたします♡
   








                 
        

雨の降る日

2015/ 04/ 21
                 


DSCF3644-01.jpg

雨降り前の大雪山。 4/20 午前撮影

東京から旭川に移って数年がたったある日、車のFM放送から聞き覚えのある曲が
流れてきた。

「雨の降る日」  ジルベール・ベコーが唄っていたシャンソンを、レイモンルフェーブル
がオーケストラに編曲した甘く美しい恋の曲・・・・


DSCF3640-01.jpg 水仙

ずっと封印していたものが、その瞬間 鮮やかによみがえってきた。

私の日常に入り込んでいたシャンソン。


DSCF3650-01.jpgヒマラヤユキノシタ
曲が終わって、また鍵をかけたのだけれど、

この曲が入ったCDを私は買った。

時々、本当に時々は、取り出しても良いのでは・・・


DSCF3639-01.jpg


思い出の中には後悔もたくさん含まれていて・・・・

けれど それがあっての私。

ね、たんこちゃん♪



そんなことを想う雨の降る日でした^ ^





それではまた ♡