春に向けて

2015/ 03/ 31
                 

DSCF3312-01.jpg

明日から4月。春に向かう大雪山です。

牧草畑にはまだ雪が残っていますが、あと2~3日で消えてしまいそうです。

私は相変わらず雪囲い解きをせっせと。
そしたら、桂の根元にいました! 福寿草♪

やっぱり、この花は太陽みたいですね。

DSCF3305-01.jpg



そして昨日のお昼は、定番のラーメンです。


DSCF3313-01.jpg DSCF3314-01.jpg

ご贔屓があって、札幌の西山ラーメンの麺。スープも札幌のベル食品と決めています。
塩と醤油のスープを半々に使用。肉と冷蔵庫にある野菜を総出演させて炒めます。
冬は味噌味も温まるのでよく作りました。

旭川にはラーメンの名店が本当に沢山ありますが、自宅でゆっくり食べるのも美味しい
ものです。


少し離れた士別市まで出かけた主人が、お土産を買ってきてくれました♪

DSCF3302-01.jpg

毛ガニです! 嬉しそうな顔の主人いわく「1つ680円だったから2つ買って、Gさんの所にも置いてきた」

おおっ、それは嬉しい。Gさんもお元気そうだったとのこと。
良い買い物ができて何よりでした!


オホーツクの海で獲れた蟹。とってもおいしかったです^ ^



                 それではまた ♡





スポンサーサイト
                 
        

これって 癌腫?

2015/ 03/ 30
                 


雪囲いの竹を外し、縄をほどきました。あらっ、何?  

バラの根元に茶色の物体が・・・  もしや癌腫?  
 
触るとぽろっとはがれました。

DSCF3289.jpg


これがあったのはイングリッシュローズの「ジェーン・オースチン」
我が家ではかなり古手の株です。


DSCF0690-03.jpg

もしも癌腫だったら・・・  ジェーン・オースチンの優しい杏色の花が無くなることは、
とても考えられません。もう10年も付き合ってきたバラなのですもの。

ぽろっと綺麗にはずれたことで、希望を持っても良いのでしょうか?
治療法を探そうと思います。

「ジェーン 一緒にがんばろうね・・・」

DSCF3293-01.jpg

こちらは雪囲いで使用した竹の数々。まだこれで約半分です。
10本で一束にして、また物置に戻します。






       それではまた ♡



                 
        

冬を越したバラ

2015/ 03/ 29
                 

昨年より早い雪解けに、バラの雪囲いほどきを始めました。

丁度半分ほど解きましたが、冬越しの結果は「微妙」かなぁ・・・・

DSCF3276-01.jpg

下の写真は、雪の中に完全に埋まっていた「夢乙女」の枝です。
ほぼ無傷で、冬越し大成功です。

DSCF3272.jpg

しかしこちらは・・・

DSCF3278-01.jpg

ソンブレイユ  チャイナドール  ミセス ジョン・レイン

木立性のバラは、積雪量が少なかったので、雪の中で保護される部分がかなり少なく、

大幅な切り戻しが必要になりそうでした。



DSCF3267.jpg

そして早いけれど 椅子も出しました。  疲れた時に椅子があると、嬉しいのです^ ^


DSCF3269.jpg

スノードロップ


気温13度。風もなく庭仕事にはうってつけとばかりに、物置から椅子を取り出し、
物干しざおも拭き掃除。冬囲いをほどいて、竹をまとめる・・・・
 
しまった。体はまだ冬モードのまま><   ならし運転が必要でした~。


          

      それではまた ♡





                 
        

せっせと・・♪

2015/ 03/ 28
                 

DSCF3260.jpg


3月27日午後の庭。雪どけ加速中です♪

手前の茶色の葉がついているのは、バラのブレイリー№2。
なかなか咲いてくれない問題児です><

DSCF3201-01.jpg

「北海道のバラづくり」     工藤 敏博 著  北海道新聞社発行
私の参考書です♪

ハーディネスゾーンという言葉を知ったのも、この本でした。

植物の耐寒性の尺度になる言葉で、私の住んでいる旭川地域はゾーン5.
チャイナ&ティーローズはゾーン7ですので、我が家での栽培には厳しいものがある、
ということになるのです。

因みにブレイリー№2はチャイナ系でした><  ワタシ がんばりまっしゅ ♪

DSCF3256-01.jpg

そして今週届いたのは春植え球根5種30球。  500円という安さにひかれて購入(笑)

DSCF3252-01.jpg

先日のスノードロップに続いて、クロッカスも開花しました。

冬囲い解き、約2割くらいが終わりました。明日の予想気温は13度。
 
ガーデンチェア出せるかなぁ♪


        それではまた ♡



昨日の凹み、ご心配おかけして、ごめんなさい><  
本当に沢山の温かな言葉の数々、ありがとうございました。
心から感謝しています。



                 
        

ねこ展とミモザ

2015/ 03/ 27
                 

行って参りました。岩合光昭さんの「ねこ」写真展。

春休みということもあって、会場にはお子様の姿も沢山。ずいぶんと混んでおりました。


DSCF3233.jpg


お土産コーナーの一角には、こんなものも・・・・

猫の写真はどれもみな可愛くて素敵で、会場はなごやかな雰囲気に包まれておりました。

日本・外国、それぞれの地域で、人と係わっている猫の姿。
その土地の中で自分らしく生きている姿に、共感と微笑み・爆笑の猫展でした♪

DSCF3244-02.jpg


こちらは手帳です。 中にはカラー印刷された猫の写真が入っていて、今年度はもう3月に入っている為
500円(半額) 私も友人も、ついこれを買ってしまいました。


              *


DSCF3241-02.jpg


一緒に行った友人に送って貰って自宅に戻りましたら、姉からの、ゆうパックが届いていました。

中にはドライにしたミモザと、姉のお手製パウンドケーキが。
しっとりとした、本当に美味しい、紅茶の味のパウンドケーキ・・・・

毎日の暮らしの中で、凹んだ気持ちになったmimiha。先日、姉にそれを打ち明けたメールを
送ったのです。そんなことを書いたのは、多分初めて・・

DSCF3237-01.jpg

姉からの返事で、随分明るい気持ちになることができました。

車で送ってくれた友人が、ケーキに添えてあったミモザを上手に飾ってくれました♪





                          それではまた ♡


                 
        

塩レモン

2015/ 03/ 26
                 


風があまりにも冷たくて、外での作業は断念しました。

何かしましょうと、とりあえず開ける冷蔵庫(笑)

そうそう、レモン!!   生協のトドックで国内産と書いてあったので、頼んだのがありました。



塩レモン 作ってみましょ^ ^    ネットで検索したら作り方はとってもシンプル♪


DSCF3222.jpg DSCF3224.jpg


広島産のレモン。 3個 (300g)
塩 (レモンの10%)    30g       キッチンにあったのは赤穂の天塩でした。


両端を切ったレモンを、縦に八つ切りにします。

DSCF3225.jpg

熱湯をくぐらせた瓶にレモンを入れて、上から塩を入れます。

DSCF3226.jpg
  
蓋をしたら出来上がりです!!

あとはね、冷暗所において、瓶を振って塩とレモンを馴染ませればok。
一日に何回か振ってあげると良いそうです。

DSCF3229.jpg

一か月ほどしたら使用できるそうですよ~♪

塩レモンを使ったレシピ、検索したら沢山ありました。とりあえずはひと月後。
そうそう、日付を書いた紙、瓶に貼っておきましょ。

DSCF3035.jpg

12月に咲き終わったデンドロビウムが、また咲いてくれて、驚いています☆


                   それではまた ♡


追記   レモンの切り方は他にもいろいろあるようで、輪切りにしていたり、.八つ切りをさらに
半分 に切っていたりもありました。また、 レモン・塩・レモン・塩 と交互に入れる方法
もありました。
      
      塩レモンで検索なさると、沢山の作り方が乗っています。塩のパーセントも私は10%で
しましたが25%のものもありました。
      
      作った翌日、水が瓶の上のほうまで上がっていない場合は、10%の塩水を作り
      瓶の口、近くまでレモンが漬かるように入れると良いそうです。

            

                 
        

一冊の本

2015/ 03/ 25
                 


四谷三丁目に友達がいました。ご長男のところに嫁がれて、ご両親とお婆さま、姉と妹、
更にお手伝いさんまでいる大家族でした。

ある夏、「イチゴのシロップ」を友人が出してくれました。
味はもちろんのこと、その色の美しさに見とれてしまいました。

「おいしい!」
「作り方は、この本よ♪」      私の保存食ノート  佐藤雅子著  文化出版局


DSCF3197-01.jpg

早速、私も同じ本を買いました。
保存食の作り方のほかにも、名随筆と呼びたくなるような、生活のひとこまも書かれて
いて、すっかりひき込まれてしまいました。

DSCF3206-01.jpg

四谷三丁目のお家で、ジャズピアニストの名盤聞き比べをしたり、
子連れで泊めていただいたりと、本当にお世話になりました。

あれから流れた沢山の年月。彼女も私も、あの時とは違う場所で暮らしています♪

そして、再び巡り合えたこの本。奥付けには2014年 第16刷と書かれていました。
とっても嬉しい気持ちになりました。素敵な本は、時代を超えて支持されるのですね☆
 
                *

こちらは・・・・時代を超えた手袋です。
DSCF3199-01.jpg

これはバラ作業用の皮の手袋です。トゲから腕をガードするために長くなっています。
新しいのがほしいのですが、なぜか見つかりません。
指の部分に穴が開き、手袋2枚重ねで作業をしています。

今度見つけたら、すぐに買わなくては!

DSCF0496-01.jpg

6月 アルケミラモリスの葉と水滴




            それではまた ♡








                 
        

楽しみ みっけ~

2015/ 03/ 24
                 

DSCF3193-01.jpg

猫がたーくさん♡

日曜日の同人会で、ねこ写真展のタダ券、頂いてしまいました。
私にこの券を下さった方の胸元には、ニャンコペンダントが。

NHKBSの世界猫歩き。のんびりとした語り口と猫の映像が絶妙のバランス♪
つい観てしまいます。

これは行かねば!  友人と26日の約束をしました。



DSCF3180.jpg

さて、このカラフルなかご、何に使うのでしょう。

冷蔵庫の野菜室用なのです。片づけ・整理整頓・・・苦手~~な私。
これではイカン>< なんとかせねば。と決意したのです。

DSCF3187-01.jpg

野菜室のケースをじゃぶじゃぶ洗って、しっかりフキフキして、うん、これでしばらくは
きれいかな??  

予定していたツルバラの誘引は、半分済ませた所で雪になりました。
誘引しようとした枝がピッキーンとおでこを打ちました。とっても痛かった><
痛くて、写真はありません。シクシク・・・


DSCF3158-02.jpg

クロッカスの芽も雪の中からお出ましです。


                ではまた ♡




                 
        

静かな一日

2015/ 03/ 23
                 


22日は月に一度の同人誌の集まりでした。

3月は原稿用紙2枚ほどの短文を、いくつかのテーマの中から選んで書くことになっていました。
作者本人による朗読の後で、合評という流れです。

雪が解け始めた庭に心奪われているワタクシ・・・・
提出原稿を書いたのは、21日の夜という泥縄でございました・・・・・><


DSCF3174-01.jpg


裏庭の蝦夷山桜とジュンベリー。写真に 向かって右が「えぞ山桜」 後方左は「ジュンベリー」です。

山桜の花芽が少しだけ膨らんでいるようにも思えて、パチリとしました。

そんな訳で、とりたてて取り上げるような出来事もなく、日曜日は過ぎたのでした。



DSCF3167-01.jpg

バラ「ポールズヒマラヤンムスク」  誘引用の丸太を打ち込んだ所です。

明日のお天気が良かったら終わらせたいなぁ♪

(トゲで泣くかもぉ><)



なっ なんだか写真が地味ね・・・・  明るい色が欲しいわ。 

えーい 去年のだけど、載せちゃう。  「水仙」でーす♪

DSCF0391-02.jpg

          それではまた ♡





                 
        

3月のスノードロップ

2015/ 03/ 22
                 

3月にスノードロップを見たのは、初めてです♪  (ずっと4月でしたの)

DSCF3149-01.jpg


小さな白い花がうつむいて咲く姿。雪の中でがんばっていたのね・・・・

この花について、佐藤雅子さんが書かれた「季節のうた」の2月の項が、記憶に残っています。

戦後2年目。焼け跡の庭で咲いていたスノードロップ。その年の春、シベリアで抑留されていた
弟さんが帰ってきたこと。スノードロップにまつわる話の中に、家族の暖かな暮らしが描かれて
いました。


小さなスノードロップに、 私も励まされているようでした・・・


DSCF3148.jpg


そして、21日はお彼岸。前日に作った「ぼた餅」です。

作ってすぐにkazuちゃんのお家にもお裾分け。甘さ控えめ、小さめです♪


DSCF3164-01.jpg

自転車も久しぶりに登場しました。  ☆ママチャリがいいの☆

物置の中には、庭の椅子とテーブル、パラソルが出番を待っています。まだまだ雪の予報が
あるので、出すのはもう少し先。

あれ?   自転車の空気入れが・・・・ ない><  あちゃちゃ。

 DSCF3156-01.jpg
       

       それではまた ♡



*  佐藤雅子さんは、「私の保存食ノート」「季節のうた」の著者です。
    季節ごとの暮らしと料理などを、丁寧に伝えてくださっています。
    この本は昭和51年に出版されています。
    私のたいせつな一冊です♪