アルテピアッツァ美唄まで

2017/ 05/ 05
                 

きょう5/4は、お正月に階段から落ちて入院中のIさんのお見舞いに
行ってまいりました。
変わらぬ笑顔と、いつもの会話にほっと致しました。
夏には、自宅近くの施設に転院したいと希望を持っていました。
リハビリを頑張って、一日も早く戻れますように(^-^)/


                  ⁂

病院からの帰り道、アルテピアッツァ美唄に寄りました。

2017-05-04 004


アルテピアツツァとは、イタリア語で芸術広場という意味なのだそうです。
ここは、美唄市出身で、在イタリアの彫刻家、安田侃(やすだかん)の作品が
置かれています。



2017-05-04 020


私には現代美術を語る言葉は無いのですけれど、感じたのは「温もりと気品」でした。


2017-05-04 015


美唄は、北海道でも有名な炭鉱の町として栄えました。
石炭産業の終焉とともに、町のあり方も大きく変わりました。



アルテピアッツァ美唄は、廃校になった小学校が美術館になっています(*´∀`人 ♪

2017-05-04 022 2017-05-04 011




1945年生まれの安田侃は、東京芸大・大学院を卒業後、イタリア政府の国費留学生
としてイタリアに渡り、沢山の賞を頂いているそうです。


2017-05-04 016



↓で、こちらは何の変哲もないドア。
色と金具がお洒落で良い感じだったのでパチリと^^

2017-05-04 026


美唄では、エゾヤマザクラが満開になっていました🌸
 たんこちゃん、ちゃんと一匹でお留守番をしていました^^

        それではまた ♡



にほんブログ村

スポンサーサイト
                 
        

ずっと応援!

2017/ 04/ 28
                 

2017-04-26 009

↑「カタシロとメランコリー」 作・画 加藤 えりこ 発行 (株)KADOKAWA



ずっと応援している漫画家さんがいます 🏁
その、加藤えりこさんの、コミックスが発売!   ソレー♫  
っとばかりに書店に行ってまいりました。



↓時々出てくる、どうしても隠せない「笑うの大好き」路線^^

2017-04-27 010


ストーリーは、他人に掛けられた呪いを、体を張って受け止めるという
「呪われ師」の少年が主人公。更に人気アイドルとマネージャーを軸に、
少年の出自の秘密が絡んで、興味深い展開になっています。



2017-04-27 011


誰かに似てるなぁー・・・・  おおっ「羽生結弦」くんだ🎵
などと楽しんでいるのでした。

もし書店に行く機会がありましたら、どうぞコミックスコーナーに足を
お運びくださいませ。あすかコミックスです^^


               ⁂


さて、↓我が家の南側、道路沿いには、土筆くんがどっさりと・・・・ 


2017-04-27 031

この場所、アジュガの紫色の穂が支配していたのは、ほんの数年。
今ではスギナ、タンポポ、ノコギリソウがアジュガを押しのけようとしています><





エゾエンゴサクが咲き始めました🎵

2017-04-27 017


      それではまた ♡


にほんブログ村


                 
        

臨時休業は続く

2017/ 02/ 16
                 


義母が作った木目込みのお雛様。ブログに登場するのも3回目に^^


2017-02-13 001


義母は樺太で生まれ育ち、小学校の教員をしていた父親の転勤に伴って
樺太の各地で暮らしていました。

海に囲まれた樺太。ニシンの季節には、その日獲れたばかりの魚が家の前に
置かれていたと、懐かしそうに話していたこともありました。


ユーモア精神のあった義母は、よく笑う人でした^^
亡くなってもう何年にもなるのに、思いでの中の義母は、いつも楽しそうに
笑っています。

原稿・・・どうしてスラスラと書けないのでしょっ><

       それではまた ♡

* 昨日、原稿の進み具合を監督に来た たんこちゃん、私の膝に乗って
ンゴロしてました~ 😺




にほんブログ村

                 
        

本日臨時休業

2017/ 02/ 15
                 

同人誌会の2月と3月は、原稿用紙2枚程度の短文を
書かなくてはなりません。

2月の同人誌会は、19日・・・
まだ一行も書いていません><

ということで、本日は臨時休業に♫


監督にきたけど、お母ちゃん ちーっとも進んでないみたい><
困ったにゃー 😺


DSCN2824.jpg


        それではまた ♡
           またにゃー 😺     by たんこ



にほんブログ村

                 
        

犬の純情

2017/ 02/ 05
                 
ご近所の小父さん(たっちゃん)が人工透析を始めることになって、
我が家で「アカ」という雑種の犬を預かったことは、前に書きました。


今日はアカのお話しです。🐕

2016-08-01 033



一人暮らしのたっちゃんは、体調がすぐれなかったために、短気で怒りっぽく
なって、アカはぼっこ(棒のこと)で、よく殴られていました。
そのせいか、アカは神経質で、人の顔色を窺うようなところがありました><



DSCF6307.jpg



↑アカの小屋は、犬ゾリの京子さんが「使ってないのがあるから」と
プレゼントして下さいました。

犬小屋も綺麗にペイントして、アカのことは全部主人がしていました。
一つも叱られることなく、可愛がってもらう世界が、突然開けたアカ。


あか3


アカはもう嬉しくて嬉しくて。お父ちゃんとアカはラブラブに💕
そして、たっちゃんが我が家に遊びに来ると、必ずそばに行って
声をかけてもらうのを待っていました。


                ⁂    


月日は移り、やがてアカも老犬になりました。
お散歩の帰り道で動けなくなって、お父さんに抱かれて
戻ってくるようになりました。


2016-08-18 031



ある年の暮れ。アカの飼い主だった小父さんが亡くなりました。
明けてお正月の二日。アカがいなくなりました。
今までも首輪から抜けたことが何度かありましたが、いつも近くにいました。

雪の上の足跡は、玄関前を何度か回って、その先はまっすぐに
たっちゃんのお家に向かっていました。

たっちゃんのお家は閉じられて、誰もいません。もしや納屋にでもと
探しに行った主人でしたが、アカの姿はありませんでした。

保健所にも、清掃局にも電話して、それらしい犬の情報を・・・
けれど、そのままアカの姿は消えてしまいました。
その日はたっちゃんの初七日でした。

犬は、自分のご主人を決めていると言います。
やっぱりアカにとってのご主人はたっちゃんだったのかな・・・


けれど、自分の最後の時を知ったアカは、お父ちゃんに迷惑を
掛けたくない一心で、深い雪の中を進んで行ったのではないだろうか。


そしてまた、たっちゃんが、
「もうアカはこっちに呼ぶよ。長い間、面倒を見てもらってありがとう」
そう言ったのかな。

DSCF0742.jpg


アカ・・・ 


にほんブログ村