臨時休業は続く

2017/ 02/ 16
                 


義母が作った木目込みのお雛様。ブログに登場するのも3回目に^^


2017-02-13 001


義母は樺太で生まれ育ち、小学校の教員をしていた父親の転勤に伴って
樺太の各地で暮らしていました。

海に囲まれた樺太。ニシンの季節には、その日獲れたばかりの魚が家の前に
置かれていたと、懐かしそうに話していたこともありました。


ユーモア精神のあった義母は、よく笑う人でした^^
亡くなってもう何年にもなるのに、思いでの中の義母は、いつも楽しそうに
笑っています。

原稿・・・どうしてスラスラと書けないのでしょっ><

       それではまた ♡

* 昨日、原稿の進み具合を監督に来た たんこちゃん、私の膝に乗って
ンゴロしてました~ 😺




にほんブログ村

スポンサーサイト
                 
        

本日臨時休業

2017/ 02/ 15
                 

同人誌会の2月と3月は、原稿用紙2枚程度の短文を
書かなくてはなりません。

2月の同人誌会は、19日・・・
まだ一行も書いていません><

ということで、本日は臨時休業に♫


監督にきたけど、お母ちゃん ちーっとも進んでないみたい><
困ったにゃー 😺


DSCN2824.jpg


        それではまた ♡
           またにゃー 😺     by たんこ



にほんブログ村

                 
        

犬の純情

2017/ 02/ 05
                 
ご近所の小父さん(たっちゃん)が人工透析を始めることになって、
我が家で「アカ」という雑種の犬を預かったことは、前に書きました。


今日はアカのお話しです。🐕

2016-08-01 033



一人暮らしのたっちゃんは、体調がすぐれなかったために、短気で怒りっぽく
なって、アカはぼっこ(棒のこと)で、よく殴られていました。
そのせいか、アカは神経質で、人の顔色を窺うようなところがありました><



DSCF6307.jpg



↑アカの小屋は、犬ゾリの京子さんが「使ってないのがあるから」と
プレゼントして下さいました。

犬小屋も綺麗にペイントして、アカのことは全部主人がしていました。
一つも叱られることなく、可愛がってもらう世界が、突然開けたアカ。


あか3


アカはもう嬉しくて嬉しくて。お父ちゃんとアカはラブラブに💕
そして、たっちゃんが我が家に遊びに来ると、必ずそばに行って
声をかけてもらうのを待っていました。


                ⁂    


月日は移り、やがてアカも老犬になりました。
お散歩の帰り道で動けなくなって、お父さんに抱かれて
戻ってくるようになりました。


2016-08-18 031



ある年の暮れ。アカの飼い主だった小父さんが亡くなりました。
明けてお正月の二日。アカがいなくなりました。
今までも首輪から抜けたことが何度かありましたが、いつも近くにいました。

雪の上の足跡は、玄関前を何度か回って、その先はまっすぐに
たっちゃんのお家に向かっていました。

たっちゃんのお家は閉じられて、誰もいません。もしや納屋にでもと
探しに行った主人でしたが、アカの姿はありませんでした。

保健所にも、清掃局にも電話して、それらしい犬の情報を・・・
けれど、そのままアカの姿は消えてしまいました。
その日はたっちゃんの初七日でした。

犬は、自分のご主人を決めていると言います。
やっぱりアカにとってのご主人はたっちゃんだったのかな・・・


けれど、自分の最後の時を知ったアカは、お父ちゃんに迷惑を
掛けたくない一心で、深い雪の中を進んで行ったのではないだろうか。


そしてまた、たっちゃんが、
「もうアカはこっちに呼ぶよ。長い間、面倒を見てもらってありがとう」
そう言ったのかな。

DSCF0742.jpg


アカ・・・ 


にほんブログ村


                 
        

たんこちゃんストーリー 完結編

2017/ 01/ 26
                 
いよいよ完結編なのにゃー 😺


2016-10-07 034
 2016.10/7


さて、初雪の降る直前に、チャコは隣家の3匹目の猫になり、
タンコ母さんとチョビは我が家の子になりました^^

我が家では猫用ドアを玄関に設置して、出入り自由にしましたが、
隣家では交通事故が嫌なので、室内飼いと決めています。

これは、そのお家の方針なので、どちらでもよいですよね。



DSCF5727.jpg
ブラックベリーの花  2015.7/11




その後、のんき坊やだったチョビは、残念ながら車の犠牲になって亡くなりました。
隣家のチャコも、病気で亡くなってしまい、たんこちゃんも手術をした為、
DNAを伝える子供はいません><
チャコは、とってもお利巧だったと聞いています。

因みに、たんこちゃんは、道路を渡る時、左右確認してから素早く移動しています。




2016-06-02 042 2016-08-16 019


↑同じ景色でも、たんこちゃんがいると生き生きと見えるような気がして^^

もう相当なお年寄りになった たんこちゃん。腎臓の数値が><と動物病院の
先生から言われています。
一時は食欲が落ちて心配しましたが、Russian Roseさんから教えていただいた
キャットフードの「チュール」。 これで、再び元気になりました!



↓写真は昨年の5月のもの。

DSCN4202.jpg


お庭にいるのが大好きな たんこちゃんと私。今年も楽しい時間が持てますように。
たんこちゃんストーリーにお付き合い頂いて、本当にありがとうございました^^


それではまた ♡
     またにゃー  😺

😻 隣家の奥様は、その後、体質が変わって猫アレルギーになって
   しまいました。そういうこともあるのですね><



2017-01-21 002



にほんブログ村


                 
        

たんこちゃんストーリー ②

2017/ 01/ 24
                 

母猫+5匹の子猫・・・・・
お願い どこか他所に行って~
夕方には、いなくなっていました。
が、翌日は、また畑に Σ(゚□゚(゚□゚*)
そんなことが何日か続いて


SSCN2005-01.jpg



我が家の右隣の奥様に「いったいどこの猫かしら??」と聞くと
「うーん。あそこかと思う怪しい家はある。Xさんよ」
道路を隔てたX家。使っていない納屋が😺ハウスとのこと。
「なるほどー」
X家の広い敷地の中で、猫が何匹か日向ぼっこをしていました。



DSCF1694.jpg


猫ファミリーは、我が家と隣家のあたりを領地と決めたようでした。
心優しい隣家の奥様は、ご自宅の車庫に段ボールを置いて、寝る場所を
作ってくださいました。
が、もうすでに2匹の猫を飼っています。
「これ以上は~><」
「そうよねーー><」
お互いに顔を見合わせて・・・・


DSCF0959.jpg 2007.7/11

ギー・サヴォワ 今は無い、思い出のバラ。 


そんな話を主人にしたら、
「餌をあげるだけなら・・・・」とのこと。

早速HCからドライフードを買い込み、玄関前に置きました。



そうそう、云い忘れましたが、その時、犬もいたのです。

DSCF0742.jpg 2006.12/8



犬の名前は「アカ」。ご近所の一人暮らしの小父さんが、透析を始める
事になって、犬を飼えなくなったとのことで、我が家で預かることになったのです。



    続く ♡


2017-01-21 004

映画を観てまいりました。良かったです。
     それではまた ♡





にほんブログ村