ピア・コロンボと理想

2017/ 03/ 05
                 

20代の私は(大昔のこと><)
クラシックとシャンソンを、よく聴いていました。

沢山のシャンソン歌手の中で、私はピア・コロンボという
ちょっと不思議な雰囲気の女性歌手が好きでした。



2017-02-28 009


代表曲の一つに「スカーフ」があって、今でも歌われています。
金子由香利さんが、沢山ピア・コロンボの曲を歌っていらっしゃましたね💛

ピア・コロンボは1934年に生まれ、1986年に癌のために52才の若さで亡くなって
います。それからもう30年。

私も忘れていたのですけれど、今日お伺いした朝倉ノニーさんのブログが
このピア・コロンボを取り上げていました🎵

急に、あの時代に引き戻されて、しばし呆然・・・


2016-08-26 009 16.8/29

↑コレッタ   私の思うピア・コロンボのイメージは、この花。



沢山のヒット曲に恵まれた彼女ですが、こんな歌もあります。
「les comministes」直訳すると共産党 
歌の題でちょっと引いたけれど、彼女の暖かな優しさと理想への共感が
詰まった素敵な曲なのです。


ユーチューブでアップすると、私のパソコンではとても重くなってしまうので、
飛べるようにしました。よろしかったらどうぞ^^

les communistes



2016-06-27 023 16.6/29
コレッタ


現代の混沌とした政治・・ そんな中でも理想の旗は掲げていたい
なぁと思った午後でした。
 
                それではまた ♡



にほんブログ村
     
スポンサーサイト
                 
        

音のネックレス 再び

2016/ 04/ 12
                 

とても嬉しいことがありました。
クラシックと同じくらいシャンソンが好きな私。
しばらく前からダリダが唄う「Parlez moi de lui」という曲が好きになって
よく聴いていました。


DSCN3398.jpg
   ダリダ  (1933-1987)


シャンソンの訳詩と、フランス語でシャンソンを歌う朝倉ノニーさんのブログが
私のお気に入りで、よくお伺いしておりました。
朝倉ノニーの歌物語2

そして、「今、この歌が好きなのです」と書き込みを致しました。
そうしましたら、すぐにこの歌を訳して下さって♪♪
日本語にすると「彼のことを話して」となって、失恋の歌だったのです。


DSCN3358.jpg
フランソワーズ・アルディ (1944~)

この歌の成り立ちなども教えて下さり、フランソワーズ・アルディも歌っていることも
教えていただきました。

やはり歌の意味が分かると、より深く聴けるように思うのです。
そして、嬉しいことに、この歌をノニーさんが4月のコンサートで歌うそうです♫

本当にびっくりぽんな出来事^^

DSCF5756.jpg ツルバラ「パレード」


ダリダとアルディー、全く違う歌い方をしていて、聴き比べができます。
直球ストライクのダリダ。物憂いように静かに歌うアルディ。どちらも素敵です。

音のネックレスにまた素敵な一粒が加わりました。
コンサートのご成功をお祈りしています♪
 
  それではまた ♡




にほんブログ村
                 
        

音のネックレス(私とピアノ)

2016/ 03/ 28
                 
ピアノの蓋を閉めてから、もう何年も経ってしまいました。

DSCF2205.jpg


時々、素敵な音楽を耳にすると、やっぱり弾きたくなって楽譜を買ったり致します。
けれど、練習をしていない指は、とても思うように動いてくれません(´;ω;`)


DSCN3127.jpg


それではもう一度基礎訓練からと・・・ 懐かしい教則本を取り出して。
気が付けば、集中出来る時間が本当に短くなって、20分もしたら一休み><
あらあら・・・


DSCN3087.jpg


楽譜に込められた音が、頭の中で鳴っています。指は自由に動かなくても、
沢山の音のネックレスがあったことに気付いた、春の始めでした♪


DSCN3102-01.jpg


北国のガーデニングも、いよいよ始まりました。(o‘∀‘o)*:◦♪

それではまた ♡





にほんブログ村
                 
        

忘れられし夢♪

2016/ 02/ 20
                 


2/5に生協に注文した、ブルーポピーと、ミニタチアオイの根が届きました。


DSCN2718.jpg DSCN2722.jpg


植木鉢と受け皿は、少しお利口になって、百円ショップで買いました♪

(以前HCで買ったら、受け皿が1ツ300円以上もしたのです。)

芽が出ているのは、ミニたちあおいです。 ブルーポピー、ちゃんと育ってくれるかなぁ?

SSCN2541-01.jpg


               ♫


今日はまた、とっても素敵な音楽を聴いて、思わず楽譜を注文してしまいました♪

その曲は「忘れられし夢」こちらから飛べます→  バラと友に

一つ前の記事て゜「忘れられし夢」が聴けます。

花咲かさんのブログには、毎回音楽のプレゼントがあって、それも楽しみなのです♪ 

今回のは、背景の景色が特に美しくて、ため息ものでした ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


DSCN2713.jpg



作曲はアメリカのルロイ・アンダーソン。「トランペット吹きの休日」や

「タイプライター」などの楽しい曲が多いので、お馴染みの作曲家ですね^^

ピアノソロに編曲した楽譜があるかしらと検索したら、ちゃんとありました♪



         ♫

昨日、ssrgさんから、プロフィールの写真について聞かれたので^^

プロフィール写真はクレマチス「土岐」の蕾です。今にも開きそうな所を。

咲くとこんな感じになります。

DSCF4562.jpg

正確な年数は忘れてるけれど、10年経っているかなー。

クレマチスの後ろは、桂の生け垣です。

DSCF4664.jpg



 それではまた ♡





にほんブログ村
                 
        

番外編 美しき水車小屋の娘

2016/ 01/ 31
                 


雪に閉じ込められると、なぜか音楽も内省的なものが聴きたくなります。

そんな日にはドイツリートがぴったり (^∇^)ノ

ヴォルフガング・ホルツマイアーというオーストリア出身のバリトン歌手がご贔屓です。

彼が歌う、シューベルトの「美しき水車小屋の乙女」のCDが出ていました。

ピアノはジェフリー・パーソンズとのこと。


SSCN2386.jpg


早速注文して、届いたCDをパソコンに取り込んだところ、こんな画像が出てきて、びっくりぽん!

SSCN2385.jpg SSCN2390-01.jpg


この画像だと イアン・ポストリッジと内田光子のピアノという組み合わせ!!

あらまぁ どうなっているのでしょう??

しかも、最初の曲からずっと演奏者不明と書かれていて、後半の曲にはイアン・ポストリッジの名前が・・・


SSCN2393.jpg

全曲を通して聴いて、ホルツマイアーの歌唱に間違いはないと思ったものの、何やら不思議(゚△゚;ノ)ノ

ちなみにソースはBBCラジオ。ロンドン、ウィグモアホールでのライブとのこと。

購入時の値段は送料込で1500円ほどでした♪



SSCN2397.jpg


↑こちらは、ホルツマイアーとピアノがイモージェン・クーパーで、シューベルトの「白鳥の歌」です。

このCDは、何年も前に地元ショップの音楽コンシェルジェのお姉さまに勧められて購入しました。

伴奏によって、本当に違ってくると改めて思いました。ジェフリー・パーソンズは素晴らしいピアニスト

でありますけれど、今回のCD聴き比べでは、伴奏はイモージェン・クーパーに軍配が上がりました

日本にも、伴奏では小林道夫さん、岩崎淑さんという素晴らしい方がいらして、嬉しいですね❤


     それではまた ♡



にほんブログ村