井上靖記念館・彫刻美術館

2017/ 05/ 15
                 
新緑の季節、今月の同人誌会は年に一度の文学散歩。
旭川市の「井上靖記念館」に行って参りました。

文学館のお隣が、旭川市の彫刻美術館です。
ただ今改修工事中で、クローズしています。


2017-05-14 003


陸軍第七師団を、随意契約で請負建設した大倉組(後の大成建設)から
寄贈された旧偕行社。1902年に完成し、国の重要文化財にもなっています。

2017-05-14 0092017-05-14 010 (2)

細かな所まで素敵です。






↓その隣、瀟洒な平屋建ての建物が、井上靖記念館です。

2017-05-14 014


明治40年5月6日に、旭川市で生を受けた井上靖は、わずか1年で伊豆の湯ヶ島へと
移り住みます。記憶に残らずとも、静謐な雪国で生まれたことを、終生の喜びとしていました。

そして旭川市も、この地で生まれた文豪を何よりも誇りにし、記念館を創設。
東京世田谷の私邸から移築された、応接間と書斎が再現されています。
また、文化勲章や、素晴らしい美術品のコレクションも収蔵。
静かで落ち着いた雰囲気が醸し出されています。




2017-05-14 019
2017-05-14 022 

井上文学の中核を占める、シルクロード。
そして、絵画の世界のシルクロードと言えば、日本画家の平山郁夫。
ここでしか会えない素敵な絵です。



2017-05-14 021 2017-05-14 006

↑西域からの美しい彫像。     ↑親交のあった東山魁夷のリトグラフ。


なるべくして文学者になった人・・  案内の説明を聞きながら、沢山の資料を
みて、そう思いました。巨人だなぁ・・・ 



↓悠ちゃんが、本を貸してくれました。
今年の直木賞と本屋大賞の作品。恩田陸 「蜜蜂と遠雷」です。

2017-05-14 027


そして、関東に住むお嫁ちゃんから花束が^^

2017-05-14 023


母の日のプレゼントに、うるるんっ^^

それではまた ♡


にほんブログ村

スポンサーサイト
                 
        

アリ

2017/ 05/ 12
                 
大野 紀代 歌集  「春浅きバラ」より
    - 嬉しきことの -

真昼間の蟻の動きを眺めいて
      わが在ることをふと忘れたり


蟻で思い出すのは、この写真。
蟻には、人の心を掴んで見つめさせる力があるのでしょうか。


2017-05-11 024 2017-05-11 023


よだれ・・・垂れてますねーー。゚(゚^∀^゚)σ。゚
もうすぐ2歳。(もう40年も昔の、長男の写真でした)

                  🎶

今日の庭から

↓オオバナノエンレイソウ

2017-05-11 013



↓イチリンソウ。 2年目の今年は、昨年の2輪から、21輪に大幅アップ\(^o^)/

2017-05-11 029



↓エゾヤマザクラ 撮影中に雨が降り出しました☂

2017-05-11 040


午前中は、この春初めての草むしり。ついにこの季節が><
草たちが、あっちにホイ!  こっちにホイ!  エーン><

雨になったので、ホイホイと休憩モードに入りました^^


それではまた ♡


にほんブログ村

                 
        

春浅きバラ

2017/ 04/ 23
                 
      一輪はくっきりと高くひらきいる
           みどり柔らかく春浅きバラ


大野 紀代 歌集  「春浅きバラ」 より


2016-06-25 021
写真のバラは「パレード」。 2016.6/25


今日の短歌は、この歌集の一番最初に掲載されています。
作者の横顔が浮かぶ、素敵な歌ですね(^-^)/

北海道の私の庭では、どんなに早くてもバラの開花は5月の末。
首都圏にお住いの作者とは、最大で2か月も季節が違います。


2016-08-14 054

歌集の題名にもなっているこの歌。
春浅きバラ。 これ以上、温めておけません。
なので、去年の写真にてお許しくださいませ><


                🎶


今朝は目覚めたら雪・・・ 午前中に雨に変わり、庭仕事はお休みです。
HCで、肥料とジャガイモの種イモ(男爵)を買って、帰り道に
「菓誌の森」さんで、パウンドケーキをお土産に^^

2017-04-22 018



で、昨日はマーボー豆腐色だった、たんこちゃん。
今日は、パウンドケーキ色・・・??
ニャハハ 😺

2017-04-22 024 (2)


             それではまた ♡
                   またにゃー 😺


にほんブログ村

                 
        

芥川賞・読みたくなくて

2017/ 04/ 05
                 
4月の同人誌会は、芥川賞の書評・・
作品を読まなくてはならず・・・・

今回の受賞作は「しんせかい」山下澄人。
受賞作の「しんせかい」は、作者が体験した富良野塾での
生活を書いたもの。

2017-04-04 020 2017-04-04 018

富良野塾を作られたのは、北の国から、拝啓おふくろ様 など、
大ヒット作を生み出した倉本聰さん。
富良野に居を定め、風のガーデンの産みの親でもある人・・・

でも・・私は何だか苦手・・・

うーーん。よしっ、読むぞぉーーヾ(・∀・)ノ


            ⁂


↓昨年、野ネズミの食害にあったニュードーン。
雪の中から、綺麗な緑色で出てきて、一安心。


2017-04-04 013

2016-07-16 026 16.7/16 

ニュードーンの花。パールピンクの色と、優しい咲き方が好きです。                   




雪の中から、チューリップの鉢植えも出てきました ヽ(´∀`)ノ

2017-04-04 015 2017-04-04 004


本日、旭川市の気象台では積雪ゼロと発表が。
我が家は、まだあるにゃ~😺


                それではまた ♡


にほんブログ村

                 
        

孤り老いし

2017/ 04/ 02
                 

大野 紀代 歌集  「春浅きバラ」より


       孤り老いし隣家は桜の時に逝き
            桜咲くとき我が胸に生えくる


独り暮らしのお隣の方。桜の季節に旅立たれたのですね。
そうして季節は廻り。再び桜が咲いて・・ 思い出して。
穏やかに節度のある暮らしをされていたであろう、隣人の姿が伝わるよう。



奥村土牛  「醍醐」   1972年

2017-04-01 008
    
桜の絵は、本当に素晴らしいものが沢山ありますね。
この絵が大好きなワタシ。奥村土牛、83才の時の作品だそうです。
ただ、この絵の前に立っていたいなぁーー。


                🎶





そして私は、近づける場所のバラ解きを今日もまた🎵
サハラです。


2017-04-01 010 2016-07-05 004




室内では・・・

2017-04-01 012

BOOKに収まった多肉ちゃんたちが、とっても元気ですヽ(≧∀≦)ノ


* オホーツク方面まで渓流の下見に行くと家を出た主人。
 ふとテーブルを見たら、主人のお財布が!!!

携帯に電話をしても、運転中で応答無し><  気がついたかなー?
一時間後、ションボリして戻って来たオットットでしたー。



    それではまた ♡



にほんブログ村